茨城県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


茨城県でファクタリング 最短即日で資金調達できる効果的な方法

\ 茨城県で選ぶならこの3社 /

 

“茨城県で確実に資金調達できる方法はファクタリング”事業者

すぐに融資してくれる金融機関を茨城県内でいろいろ探してみたのだが、なかなか見つけることができない。
どのような方法でも構わないので、すぐに資金調達できる方法はないだろうか?

 

茨城県内で資金調達元を探している事業者は多いです。

資金調達というと、銀行からの融資を真っ先に思い浮かべるかと思うのですが、審査が厳しく、時間もかかってしまうのがネックとなります。

そこで他の資金調達方法でを探すわけですが、実は限られてきてしまうのです。すぐに資金調達できる方法として考えられるのは民間の「ファクタリング」「ビジネスローン」のどちらかが有力になってくることでしょう。この2つはそもそも全く違った調達方法であるため、どちらを選んだ方がよいということはありません。

どちらも審査は緩いとされていますが、審査のポイントが異なります。

ファクタリング
  • 持っている売掛債権を売却してするタイプの資金調達。
  • 売掛債権を持っていなければ利用することができない。
  • 事業状況が悪くても利用することは可能。
ビジネスローン
  • お金を借りるタイプの資金調達。
  • 事業者自身が保証人とならなければならない。
  • 事業状況があまり思わしくなければ審査に通ることはできません。

この2つはスピードに特化した資金調達方法であるため、早ければ即日で現金を手に入れることができます。この2つ以外でのスピードが他の資金調達は存在しないのではないでしょうか。

\ 茨城県で選ぶならこの3社 /

\ 事業者におススメ!/


茨城で即日で資金調達する方法 ファクタリングで売掛金を現金化

茨城県内で確実に資金調達できる方法

 

ここでは、茨城県内の事業者がファクタリングを利用し資金調達をする方法を紹介していきたいと思います。

初めにファクタリングの概要をお伝えしますと、利用することで、未回収となっている売掛金をすぐに回収することができます。そのため、未回収の売掛金が入ってくれば資金繰り問題をある程度解決できるという事業者にとっては、利用価値があると言えるでしょう。

 

確実に資金調達できる方法事業者

売掛金はまだ入ってこない・・・。
入金予定日はまだ先かもしれないが、今現金が必要なんだ。
かといって取引先に「売掛金をすぐに支払ってください」なんて言えないしなぁ・・・。

 

売掛金は取引先から入金される予定の売り上げであり、入金予定日になれば入金されることでしょう。

ただし裏を返すと、入金予定日までは手に入らないということなのです。経営状況によってはすぐに入金してもらいたいと思うこともあるでしょう。

このように、売り上げは立っているのに売掛金が入って来ず、資金ショートを起こしてしまい倒産してしまう企業は意外と多いのです。東京商工リサーチの過去の調査結果では、倒産する企業の約半数が黒字倒産という結果も出ています。

売掛金は早めに回収 ただし資金ショートは知られたくない

このようなこともあるため、売掛金はなるべく早くに回収したいところです。しかし「お金に困っているからすぐに売掛金を支払ってください」とは、なかなか取引先には言えないものです。なぜなら資金繰りが悪化していることを伝えているということになってしまうためです。

取引先からしてみると、資金繰りの悪化している会社との付き合いをよく思わないケースがあります。仕事を依頼しても納品前に倒産してしまい、依頼した商品が届かなくなってしまうことが考えられるためです。

このようなこともあり、「取引先に知られず、売掛金を手に入れる方法」が必要となってくるのです。それが「ファクタリング」です。

ファクタリングを利用すれば、以下のような状況を期待することができます。

3つ条件

  • 売掛先(取引先)に売掛金催促をする必要がない
  • 資金難であることは取引先に知られない
  • すぐに現金を調達することができる

先ほどもお話ししましたが、ファクタリングを利用することで、まだ入金されていない売掛金をすぐに手にすることができます。

仕組みはシンプルです。

たとえば取引先に500万円分の商品を納品したとします。つまり500万円が入金される予定ということです。これはつまり500万円の売掛債権があるということです。

「500万円の価値のある権利」ということなので、その権利自体を売却してしまうということです。

「500万円を受け取る権利を私は持っている」という証明をすることさえできれば、早ければ即日中に資金調達が可能となるのです。もちろん債権金額が500万円であれば、その金額内しか調達することはできません。そしてファクタリングは債権を売却して資金を得ているため、借金には該当しません。

ファクタリングの仕組みをシンプルに解説

ファクタリングの仕組みは非常にシンプルです。未入金の売掛金を第三者が買い取るといったものです。

イメージしやすいように以下に対話文形式で紹介していきます。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

茨城県内で複数の店舗を経営している。
取引先から売掛金をもらえる状態なのだが、まだ入金予定日は先だ。
事業資金が厳しい状態で、今すぐに何とかしないと黒字倒産してしまうかもしれない・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

売掛金があるのなら、それを現金化するサービスであるファクタリングを利用してしまえばよいのではないでしょうか?

タイムリミットまで時間がない事業者

売掛金を現金化するとは?

茨城県の業者が即日中にファクタリングで資金調達ファクタリング会社

取引先から売掛金が入ってくる予定ということは、売掛金を受け取る権利を持っているということです。その「権利」には売掛金の金額と同じだけの価値があるということです。なのでその価値のある権利は売却することが可能ということです。

うなずく事業者事業者

しかしそのようなことをしてしまっては、取引先に知られてしまうのではないか?

まずはファクタリング会社にコンタクトを取るファクタリング会社

取引先に知られない契約である「2者間契約」をすれば大丈夫です。

連絡してみる事業者

よし、わかった。ファクタリングを使ってみよう。

 

以上がファクタリングの仕組みとなります。つまり「権利の売買」を行うということです。

たとえば100万円の債権をファクタリング会社に売却するとしたら、実際には手数料が引かれ80万円前後手に入れることができます。そして取引先から100万円が入金されたら、ファクタリング会社に全額送金します。

結果として事業者は早期に80万円の現金を手に入れることができましたし、ファクタリング会社として20万円の手数料を得ることができたということになります。

ファクタリングで利用される契約形態は主に2つです。「2社間」と「3社間」です。2社間での契約であれば、取引先に債権を売却したことを知られることはありません。

当サイトでは、5つのファクタリング会社をおススメとして紹介しているため、参考にしてみてください。

参照 おススメのファクタリング会社5社を徹底比較

 

決算状況が思わしくない事業者

言いにくいのだが、決算状況が近年好ましくない状況になってしまっている。そんな状況でも利用することは可能なのか?

ファクタリングは融資ではないファクタリング会社

融資を受けるわけではないため、そのあたりはあまり心配する必要はありません。

 

ファクタリング利用の流れ 5つのステップ

ファクタリング利用の流れを5つのステップで紹介します。

ファクタリング利用の流れ

  • ファクタリング会社に連絡
  • ファクタリングを利用できるかの条件確認
  • 審査
  • 契約
  • 入金

①ファクタリング会社に連絡
ファクタリング会社への連絡します。電話でもサイトに設置された問い合わせフォームなどでよいです。できれば2社~3社に連絡をして手数料を比べたほうがよいでしょう。

②ファクタリングを利用できるかの条件確認

ファクタリングを利用することができるかを初めにチェックします。

2つの条件

  • 売掛金を持っていることの証明書類を提出
  • 取引履歴のある通帳を提出できること

請求書や納品書など、売掛金の存在を証明できる書類を提出します。また取引先との取引履歴のある書類も提出します。

また、これらの書類を持っているのは事業の代表であるため、ファクタリングは事業者しか利用できません。

③審査

条件確認が終了したら、ファクタリング会社による審査が開始されます。その際に必要となるのは以下のような書類です。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

必要な書類はファクタリング会社によって異なり、審査時間も異なります。早ければ1時間以内で審査は終了します。

④契約

審査に通過すると契約となります。契約の際に面接を行うケースもあります。出張をしてくれるファクタリング会社もあります。

⑤入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

申し込みをしたその日に契約まで完了することが可能であるため、その日の内に入金される場合もあります。

ただしこれは、即日ファクタリングに対応している会社の話です。

ファクタリングを利用するための3つの条件

ファクタリングを利用するためには3つの条件があります。

3つ条件

  • 未回収の売掛債権の保有
  • 売掛債権の存在を証明する書類があること
  • 売掛先の信用力があること

これらの条件を満たしていなければ、どのような状況であろうとも利用することができません。

ファクタリングは近年では少しずつ知名度が上がっては来ているのですが、あまり知られていない資金調達方法です。そのため「ファクタリングを利用すれば資金調達できる」というイメージが独り歩きしてしまい、事業者ではない人や、売掛債権を持っていない人からの問い合わせが増えているのです。

「取引先から売掛金が入金される予定だが、その予定日がまだ来ない。でも今資金が欲しい。」

このように考える事業者に対して向いている資金調達方法となります。

 

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

売掛債権を持っている事業者限定のサービスです。それ以外のサラリーマンやアルバイトの人、無職の人は利用することができません。

 

ファクタリングには2つの契約方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの契約方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

契約方法によって手数料が大きく変わってきます。

まずファクタリングを利用する際のには「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

つまり売掛債権を売却したい「事業者」。その売掛債権を購入する「ファクタリング会社」。事業者に対して売掛金を支払う予定の「取引先」といった感じです。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化することができなければ、買い取った金額分、損失を出してしまうこととなります。実はこのようなことは十分に考えられる話なのです。そもそもファクタリング契約は償還請求権がない契約となるケースが多くなっています。これは「売掛債権を買い取った後、売掛金が入ってこなかったとしても、売掛債権を売却した事業者には何の責任もない」といった内容のものです。つまりお金を戻さなくても良いということなのです。

このようなことからも、ファクタリング会社のリスクは高いとされているのです。このことから手数料は高くなってしまいがちです。

ところが3社間契約である場合には、ファクタリング会社としても売掛先とつながることができます。審査の段階で売掛先の状況をさらに詳しく把握することができます。よって、売掛先が買掛金を支払う能力があるのか否かを判断しやすいのです。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

茨城県でファクタリング利用する2つの方法

茨城県でファクタリング、もしくはファクタリングの類似サービスを利用する方法としては2つ考えられます。

1つは銀行系のサービスを利用する。もう1つは民間系のサービスを利用するです。

たとえば茨城県内にある「常陽銀行」「筑波銀行」では、ファクタリングに類似するサービスを取り扱っています。ファクタリングに類似するサービスとして「債権流動化(ABL)」があります。

このサービスは売掛債権を担保として融資を受けるタイプとなります。当サイトで紹介しているのは、売掛債権を売却して資金調達するタイプですので、債権を利用して資金調達をするといった面では同じですが、借金をするのか、売却益を得るのかの違いになります。

常陽銀行

常陽銀行
住所 茨城県水戸市南町2-5-5
電話 029-231-2151
URL http://www.joyobank.co.jp/

筑波銀行

筑波銀行
住所 茨城県土浦市中央2-11-7
電話 029-821-8111
URL https://www.tsukubabank.co.jp/

債権を担保として融資を受けるABLを選択するのも1つの方法であると考えます。ただし銀行系のサービスですので、どうしても資金調達完了までに時間がかかってしまいます。

茨城県内のファクタリング会社を利用したい 見つけられない・・・

茨城県内の事業者であれば、資金調達をするのであれば県内の金融機関からと考えている人もいることでしょう。

銀行や信用金庫から融資を受けるのであればそれでよいと思います。しかしファクタリングの場合は、茨城県内で取り扱っている組織や会社を見つけるのは難しいことでしょう。民間系のファクタリング会社のほとんどが、大都市圏に集中しているためです。

ただしファクタリングを利用する際にとくに距離は影響しません。インターネットや電話が利用できる環境であれば、どこにいても利用することは可能なのです。

 

ファクタリングの距離は関係ない事業者

ファクタリングを利用する際には、面接が必要となるケースもある。しかし免除しているケースもある。よってどこにファクタリング会社があったとしても、対して問題ではない。

 

ファクタリングで資金調達する3つのメリット

ファクタリングでの資金調達には3つメリットがあります。

「ファクタリングの3つのメリット」

  • 即日可能
  • 条件が緩い
  • 借金として履歴が残らない

つまり「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」ということになるのです。この3つを満たす資金調達方法は、ほかには見当たりません。

たとえばもし今後、金融機関からの資金調達を考えているのなら、「借金として履歴が残らない」というのは大きなポイントとなります。

 

時間がない人のための資金調達ファクタリング会社

ファクタリングはスピードに特化した資金調達ですので、資金調達までに時間がない!という事業者からお声がけをいただくことが多いです。利用された方のリピート率も高いです。

 

参照 即日で資金調達可能なファクタリング会社

 

茨城県内の中小企業でファクタリングに向いている事業者

「売掛債権を抱えている」「売掛先からの入金時期が見えない」「なるべく早く売掛金を集金したい」「手元資金を確保しておきたい」と考えている事業者は、ファクタリングの利用を考えてもよいかもしれません。

もし売掛債権がない状態で、すぐに資金調達をしたいと考えているのであれば、事業者ローンを選択するしかないと思います。資金調達まで1ヶ月ほど余裕があるというのであれば、銀行融資を検討してみてもよいでしょう。

つまり状況によって選ぶ資金調達方法は異なるということです。

そのため、「この資金調達が一番よい!」というのは存在しないと思った方がよいでしょう。また「すぐに資金を手に入れられて、利息や手数料も低い」といったものは存在しないと思った方がよいでしょう。

茨城県の製造業と農業にはファクタリングがおススメ

たとえば茨城県の主要産業である製造業と農業の資金繰りを改善させるためにファクタリングを利用するのは1つの方法ではあります。

農業の場合、収穫シーズン以外の収入が安定しないことがあり、設備投資や運転資金などの事業資金が急に必要になることがあります。その際にはJAなどからの融資に頼らなければならなくなるでしょう。しかし融資は長期的に見ると負債に繋がるケースがあり、年ごとに収入が安定化しない業種であれば返済の都合がつかなくなってしまうこともあります。

ファクタリングは売掛債権の全て、もしくは一部だけを資金化することができ、資金繰りを改善させながら、確実に利益も得るという二重取りが可能な資金調達方法であるため、使い方によっては利用価値があると考えます。

茨城県内のファクタリング業者

茨城県内でファクタリング会社を見つけることはできませんでした。



茨城県でおススメのファクタリング会社

茨城県でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

近隣のファクタリング事情

群馬県埼玉県東京都千葉県神奈川県山梨県


水戸市/日立市/土浦市/古河市/石岡市/結城市/龍ケ崎市/下妻市/常総市/常陸太田市/高萩市/北茨城市/笠間市/取手市/牛久市/つくば市/ひたちなか市/鹿嶋市/潮来市/守谷市/常陸大宮市/那珂市/筑西市/坂東市/稲敷市/かすみがうら市/桜川市/神栖市/行方市/鉾田市/つくばみらい市/小美玉市/茨城町/大洗町/城里町/東海村/大子町/美浦村/阿見町/河内町/八千代町/五霞町/境町/利根町/

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次