千葉県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法


千葉県でファクタリング 銀行融資NGでも最短即日で資金調達できる方法

\ 千葉県で選ぶならこの3社 /
 

ここでは、千葉県でファクタリングの利用を検討している事業者に向けてお話ししていきたいと思います。

 

すぐに現金が必要なのに、すぐに用意することができない事業者

千葉県内で事業を行っている。最近資金繰りがよくなくて、資金調達を考えている。しかし銀行融資は利用できない状況であり、弊社が利用できる資金調達方法には限りがあるのが現状だ。
利用しやすい資金調達方法はないものか・・・。

 

事業者にとって資金繰りの悪化は大きな問題です。資金調達をすることで一旦は資金繰りの悪化を防ぐことはできますが、そもそも資金繰りが悪化している状態で利用できる資金調達方法を探すことは難しいものです。

また、どの資金調達方法でも良いというわけではないでしょう。なるべく条件の良いものを探したいと考えているものです。

ところが、良い条件でお金を手に入れるためには、お金を提供してくれる相手に良い条件を提示しなければなりません。

返せるか返せないか分からない、そして返せるだけの証拠を提示しなければ、どの金融機関も相手にはしてくれないのです。結果として「資金調達をしたいと考えているのに選択肢がない・・・」という状況になってしまうのです。

本来であれば、金利が低かったり返済期間が長かったりする良い条件の融資を受けたいことでしょう。ところがそのような条件で融資を受ける際には、厳しい審査を通過しなければなりません。さらに審査が終わるまで長い時間を待つ必要があります。

今すぐ簡単に現金を手にしたいというケースには対応できないのです。

そのような、「今すぐ簡単に現金を手にしたい」という事業者のためにおススメな資金調達方法が「ファクタリング」です。

ファクタリングは他の資金調達方法よりも比較的簡単に資金調達することができるのです。非常に有益な資金調達方法として、多くの事業者が利用しています。

\ 千葉県で選ぶならこの3社 /
 


\ 事業者におススメ!/


請求書を売却して資金調達方法 それが「ファクタリング」

請求書を売却して資金調達

「ファクタリング」は、取引先から受け取る予定の売掛金を、早期に現金化する方法です。

「売掛金」を早期に現金化するというのは、「売掛金を受け取る権利を売却する」という意味です。

「権利を売却する」ということは世間一般的に広く行われていることです。わかりやすくいうとたとえば「土地」です。土地は売買することができます。土地自体を売買するというよりも、土地の所有権を売買しています。つまり権利です。

このように「権利」というものは売買することができ、ファクタリングの場合では、売掛金を受け取る権利を売却することで、資金調達することが可能となるのです。

売掛金を受け取る権利を持っていることの証明

「売掛金を受け取る権利」を売却するためには、売掛金が本当に存在しているかどうかの証明をする必要があります。

売掛金の存在を証明する方法は、大きく分けて2つあります。1つは「取引先に出した請求書」、そしてもう1つは「取引先との取引を行った結果、出入金の履歴が残っている通帳」となります。これら2つの書類は、ファクタリングを利用するのであれば最低限必要な書類となります。

これら書類をまず提出し、ファクタリングを利用することができるという最低条件が整った後に、本審査に入ります。本審査の際には、ファクタリング会社によって異なりますが、さらにいくつかの追加提出書類が必要となります。

参照 必要書類

 

ファクタリングで資金調達する3つの利点

ファクタリングで資金調達することは3つの利点があります。

「資金調達までの時間が短く審査も緩い。そして借金としての履歴が残らない。」

これがファクタリングで行う資金調達方法のメリットなのです。

即日で資金調達することができる

申し込みをしたその日、もしくはその次の日に資金調達することができるかというと、まず通常ではありえません。

たとえば金融機関であれば必ず審査があります。そして審査では「返済する能力があるのか」「返済できない場合には担保や保証人で補填できるのか」をしっかりと判断します。審査する項目が多い分、審査結果が出るまでに時間がかかります。

ところがファクタリングの場合は、審査時間が1時間以内であるケースが多いです。それは金融機関とは違ったポイントを審査するためです。審査結果がすぐに出るため、早ければ即日中に入金までたどり着くのです。

利用条件が緩い

ファクタリングは金融機関に比べ利用条件が緩いとされています。

理由は、審査のポイントの話になってきますが、審査されるのはファクタリングを申し込んできた事業者よりも、売掛金を支払う事業者の取引先の方となるわけです。といっても、取引先に審査をすることが知られるわけではありません。ファクタリング会社が持つ独自の情報によって、知らぬうちに審査されているのです。

このようなこともあり、取引先に売掛金を支払う能力があると判断されれば、ファクタリングを利用することは可能です。これが赤字決済や税金滞納でも利用することができる理由なのです。

借金としての履歴が残らない

ファクタリングとは、事業者の持つ売掛金を受け取る権利を売却し資金調達する行為です。

つまりお金を借りているわけではありません。お金を借りているわけではないため借金としての履歴が貸借対照表に残ることはありません。

 

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

資金繰り問題が解決されれば、金融機関からの融資も受けやすくなります。そのためつなぎ資金として利用する事業者も多いです。

 

資金繰りが改善されることで、たとえば銀行から融資を受けたいと考えたときも借りやすい状況になります。

銀行側としては、審査の際に貸借対照表を見て負債がどの程度あるのかをチェックするとされています。つまりどのくらいの借金があるのかを見るわけです。その際、経営状況から見てあまりにも負債の額が多いと判断されれば審査は通らないことでしょう。なぜなら貸したお金が返ってこない可能性があるためです。

しかし資金調達したとしても、貸借対照表に負債として記載されていなければどうでしょう。だからこそ、ファクタリングを利用した資金調達の利用価値はあるのです。

にるため、企業価値は向上します。企業価値が向上するということは、たとえば今まで銀行からの融資を止まられていた場合でも、資金繰りが改善することで銀行融資が再開される可能性も出てきます。

ただしケースバイケースであることは言うまでもないでしょう。

ファクタリングには複数の大きなメリットがありますが、その分、大きなデメリットがあります。それは「手数料の高さ」です。一般的な相場ですが、売掛金の金額の5%~30%が手数料として必要となります。これは確かに高いと言えるでしょう。

すべての資金調達方法に言えることですが、万能なものはありません。必ずメリットとデメリットが存在します。それを天秤にかけ、適切に判断することが事業者として必要な資質となることでしょう。

ファクタリングには2つの方法がある

ファクタリングは大きく分けて2つの方法があります。2社間ファクタリング3社間ファクタリングです。

まずファクタリングの流れの中には「3社」が登場します。「事業者(あなた)」「取引先(売掛先)」「ファクタリング会社」です。

2社間ファクタリング 3社間ファクタリング
取引先への通知 通知しない 通知する
手数料 手数料が高い 手数料が低い

多くの事業者が、取引先へファクタリングを利用したことが分からない「2社間ファクタリング」を利用します。この先も取引先と今まで通り仕事をしていきたいと思うためです。

2社間は手数料が高くなるが利用者は多い

2社間ファクタリングの方が3社間に比べ手数料が高く設定されています。ファクタリング会社にとってリスクの高い契約のためです。

ファクタリング会社は、買い取った売掛債権が現金化できなければマイナスとなってしまいます。もし事業者や売掛先に何かしらのトラブルが起きると、買い取った売掛債権の価値が無くなってしまうことがあります。ところが3社間であれば、売掛先に通知をすることになるため、もし事業者に何かしらのトラブルが起きたとしても、売掛債権の価値を維持することができます。

このようなこともあり、3社間よりも回収リスクが高くなる2社間の方が、手数料が高く設定されるわけです。

図解で簡単に分かる!ファクタリングの仕組み

ここからは2社間ファクタリングについて詳しく説明したいと思います。

 

資金ショートしてしまいそうで不安になっている事業者

取引先から売掛金が入金されるまでにしばらく時間がかかる。
入金を待つほど時間的な余裕はない。すぐに資金調達したいのだが、どの資金調達も時間がかかってしまう。そんなに待っていられない・・・。

ファクタリングの利用を促すファクタリング会社

それではファクタリングでの資金調達を検討してみてはいかがでしょうか?

ファクタリングを聞いたことがなかった事業者

ファクタリングとは?

ファクタリングの説明ファクタリング会社

取引先様から売掛金が入金される予定であるということですよね。つまり売掛金を受け取る権利を持っているということになるかと思います。
そのため、その「売掛金を受け取る権利」を売却することで資金調達をすることが可能となるのです。

うなずく事業者事業者

売掛金を受け取る権利を売却することなど可能なのか?

売掛金が300万円なら250万円~280万円の資金調達ファクタリング会社

可能です。たとえば売掛金が300万円あるならば、250万円~280万円前後の資金調達は可能かと思います。それも早ければ即日で入金されます。

新たな資金調達方法を見つけた事業者

即日!それは早い。是非利用したい。

 

取引先から入金されるまで待つことができれば、ファクタリングを利用する必要はないでしょう。手数料も引かれることはありません。

しかし取引先から入金されるまで資金繰りが持たない・・・という会社はかなり多くあるのです。実際に売り上げがあるのに倒産してしまうといった「黒字倒産」の数は、倒産件数の約半数とまで言われるほど多いのです。

このようなこともあり、売掛金をすぐにでも現金化したいという需要は一定数あり、ファクタリングサービスの知名度が上がるにつれて、利用者も増加傾向にあるとされています。

参照 ファクタリングの仕組み

 

 

ファクタリングが借金に該当するのではないかと心配事業者

ちなみにファクタリングとは借金になるのか?

持っているものを売却するため、借金には該当しないと説明ファクタリング会社

なりません。ファクタリング会社はお金を貸しているわけではありません。あくまでも事業者の持ち物を買い取っているだけです。借金とならないため信用情報に影響することもありませんし、貸借対照表に借金の記載が入ることもありません。

参照 ファクタリングでの返済 ファクタリングは借金ではないため返済がない

 

ファクタリング利用の流れ

一般的なファクタリング利用の流れを紹介します。ファクタリング会社によって多少異なります。

①ファクタリング会社へ連絡
ファクタリング会社への連絡は、電話でもメールでも大丈夫です。

②必要書類を提出

まず審査を受けられるかどうかを確認したほうがよいでしょう。そのためには以下の2つを用意しておきましょう。

審査前に用意したい書類

  • 売掛金の存在を確認できる書類(請求書、納品書など)
  • 直近3ヶ月の通帳

ファクタリングは持っている売掛債権を取引するため、売掛債権の有無を確認する必要があります。売掛先への請求書であったり納品書など、売掛金の存在を確認することができる書類を用意しましょう。

審査のために必要な書類を準備します。ファクタリング会社により審査方法が異なりますが、以下のものを用意しておくとよいでしょう。

必要書類一覧

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績を確認できる書類(決算書・確定申告書)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛先との取引内容が記載されている書類(発注書、納品書、請求書)
  • 入金履歴のある通帳

③審査

審査スピードはファクタリング会社によって異なります。早いところで約1時間以内。遅くとも3営業日以内には終了します。

④売掛債権譲渡し入金実行

審査に通過すると早くて即日。遅くとも3営業日以内には口座に入金されます。

⑤後日入金された売掛金をファクタリング会社へ送金

売掛金が取引先から入金されたら、そのままファクタリング業者へ送金し、一連のファクタリング契約は終了となります。


おススメファクタリング会社

  1. えんナビ

    えんナビ 最短即日のファクタリング会社
    総合評価 4.5
    スピード 4.5
    信頼性 5.0

    【対象】:法人・個人事業
    【買い取り額】:30万円~5000万円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:株式会社インターテック
    【URL】:https://ennavi.tokyo/

    管理人のレビュー

    大手のファクタリング会社ではありませんが、だからこその柔軟で丁寧な対応が大きなメリットです。ファクタリングで必要なのは「スピード感」「信頼関係」です。この2つを兼ね備えているといった点でランキングを1位にしました。

    さらに詳しく 公式サイト

  2. アクセルファクター

    アクセルファクター 即日のファクタリング会社
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:30万円~1億円
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:即日~
    【運営会社】:株式会社アクセルファクター
    【URL】:https://accelfacter.co.jp/lp2/

    管理人のレビュー

    「最短即日」、「来店不要」、「低手数料」が強みのファクタリング会社。インターネット上の評判でも常に高評価を得ており、年間取扱い実績が2000件と、多くの事業者が利用しています。

    さらに詳しく 公式サイト

  3. OLTA

    OLTA 完全オンライン決済
    総合評価 4.0
    スピード 4.0
    信頼性 4.5

    【対象】:法人
    【買い取り額】:上限下限なし
    【契約形態】:2社間・3社間
    【対応地域】:全国
    【資金調達】:最短即日
    【運営会社】:OLTA株式会社
    【URL】:https://corp.olta.co.jp/

    管理人のレビュー

    従来のファクタリングシステムの一歩先を行くシステムであるクラウドファクタリングを採用しています。すべてオンライン上で完結することができるのが大きな魅力でしょう。 結果として資金調達までの時間も早く、手数料も低く設定されています。

    さらに詳しく 公式サイト

千葉県内で急な資金調達にはファクタリングがおススメ

千葉県内には複数の金融機関があり、それぞれに様々な金融商品が揃っています。

ところが「急な資金調達」の需要を満たせる金融商品を見付けることができませんでした。金融機関で資金調達する際にはどうしても時間がかかってしまいます。それは慎重に審査をしているため仕方のないことではありますが、すぐに資金調達をしたいと考えている事業者からしてみたら問題となります。

急な資金調達の手段として考えられるのは、当サイトでも紹介しているファクタリングです。

実は千葉県の銀行である北國銀行でも、ファクタリングと似たサービスである売掛債権流動化を行っています。行ってはいるのですが、民間のファクタリング会社に比べると資金調達までの時間がかかってしまいます。

そこで千葉県内で民間のファクタリング会社を探したいところではあるのですが、恐らく見つけることは難しいでしょう。なぜなら多くのファクタリング会社が大都市圏に拠点を構えているためです。

ファクタリングに距離は関係ない

たとえばですが、クレジットカードの契約をしたことがあるでしょうか?店頭で作ることもできますし、オンライン申し込みで作成することもできます。

オンライン申し込みの場合、その受付をする会社は遠隔地にあることでしょう。しかしそれでも問題なくカードを作ることができますし、もちろん利用することもできます。

それと同じように、ファクタリングも本社が遠隔地にあったとしても特に問題はありません。インターネットや電話から申し込みをすることができ、書類を送るだけで審査を行ってくれます。

よって事業者とファクタリング業者の距離は特に問題にはなりません。

千葉県内でファクタリングに向いている業種とは?

日本の玄関口としても有名な成田空港や、京葉工業地帯を中心にした製造業、幕張メッセを代表するエンターテイメント施設など、多岐にわたる産業が軒を連ねている千葉県。失業率も低く、有効求人倍率は1.09倍と経済的にも安定しています。

しかし、中小零細企業に的を絞って見てみると、まだまだ「好景気」とは言えないのが現状です。2018年8月時点での企業倒産件数は16件と、全国的に見ても少なくない数字が記録されています。倒産の原因は、不況起因の倒産が最も多く、売掛金回収不能による黒字倒産も起こっています。

「ファクタリング」をご存知でしょうか?売掛債権を資金化する金融工学として、中小企業の経営者を中心に注目されています。今回は、千葉県の産業でファクタリングに向いている業種について解説していきます。

千葉県の特徴

千葉県は東京都の東側に隣接する県で、房総半島と関東平野の南部にまたがっている県です。東京都内で働く人たちのベッドタウンとしても人気で、京葉線を中心に関東の経済を支えている場所としても有名です。

地形は平野と丘陵が県の大半を占めており、海抜500メートル以上の山地が無い、日本唯一の県でもあります。県全域が温暖な太平洋気候ですが、地方によっては冬の寒さが厳しい所もあります。勝浦や館山などの避暑地がある一方で、県庁所在地である千葉市や市原市では雪が降ることもあります。

千葉県の事業

商工業が県の総生産のほとんどを占めています。製造出荷額は約12兆6700億円(平成28年度)と全国7位という結果になっているなど、全国トップクラスの経済状況になっています。

農業では種目別に見ると米と野菜出荷額が約2500億円、畜産で約1000億円と全国でもトップクラスの出荷額を誇ります。漁業では、銚子港と九十九里地域での底びき網漁業、安房地域の磯根漁業、東京湾でのノリ養殖などが盛んです。

千葉県で資金繰りが厳しいとされている分野

千葉県の企業で資金繰りが厳しいとされている分野は建設業が指摘されています。公共事業の受注件数が年々減ってきており、他県の現場へ向かうことも多くなった現状があります。東日本大震災などの復興作業等の他にも、埼玉県や茨城県といった近隣の県での仕事にありつけずに倒産するケースも徐々に増えています。

他の産業では、軒並みプラスになってはいますが、建設業だけは成長率が鈍化していることが指摘されています。

建設業にはファクタリングがおススメ

建設業はその業種の特性上、経費の支払いは先渡しがほとんどです。そのため、運転資金が無いと、仕事を受注出来ないというデメリットがあります。大手企業であれば、運転資金に困ることはありませんが、中小企業の場合は、売掛金の入金サイクルによって資金難に陥ってしまうことも少なくありません。

近年注目されている金融工学「ファクタリング」では、売掛債権を入金期日前に資金化する金策として中小企業の経営者を中心に注目が集まっています。銀行融資とは違い、将来的な負債にもならず、審査は売掛先の企業になるため、早くて即日資金化が可能になるというメリットが人気を集めています。

ファクタリングを活用すれば、資金難で受注が出来ないというケースにも対応できるため、多くの経営者が計画的なファクタリング活用をしています。

銀行融資を検討する前に、まずはファクタリングを検討することをおススメします。

千葉県内のファクタリング業者

千葉県内で登録されているファクタリング業者はありません。



千葉県でおススメのファクタリング会社

千葉県でファクタリング会社を探す   ファクタリング業者を住んでいる地域で探していませんか?

ファクタリングの契約をする際、業者と直接顔を合わせる必要はありません。多くの場合、必要な情報はメールで送るだけで問題ありません。つまりファクタリング業者の所在地はどこであろうと関係ないということなのです。

では数多くあるファクタリング会社の中で、どこを選ぶべきなのか?という点ですが、以下の3つに気を付けた方がよいと思います。

業者選びの3つのポイント

信頼性

長い間ファクタリング業務を行っている会社、もしくは業界内での経験が豊富な人材が在籍している業者を選んだ方がよいでしょう。つまりは知名度の高いファクタリング会社ということになります。知名度がすぐに付くことはありません。知名度があるということは、利用者が多く支持されており、広告宣伝費にも予算を投じられるということです。

スピード

ファクタリングの魅力は何といっても最短即日で現金を手にすることができる点です。そのため審査や融資に3営業日以上かかるような業者は対象外と考えてもよいかもしれません。

手数料

多くの方が「2社間ファクタリング」での契約をすると思うのですが、この手数料が20%前後であれば許容範囲内と考えてよいと思います。それ以上手数料がかかるようであれば他の会社を考えても良いかもしれません。

資金ショートで悩んでいる方、すぐにでも解決したい方は、ファクタリングの利用が可能なのか、資金ショートの解決方法が他にあるのかなど、一度聞いてみるだけでも圧迫した経営状態を打破することができるかもしれません。

おススメファクタリング会社

 

※ファクタリングは売掛債権を持っている事業者(法人や個人事業の経営者)対象のサービスです。

千葉県の銀行でもファクタリングに似たサービスはある

ファクタリングは民間のファクタリング会社以外でも、銀行でも取り扱っていることがあります。

ただし銀行で取り扱っているファクタリングサービスは、民間のファクタリングサービスとは若干異なるものとなります。

大きく異なる点としては、「入金までのスピード」でしょう。民間のファクタリングであれば、早ければ即日で資金調達が可能となりますが、銀行系の場合は審査が厳しくなってしまい、どうしても時間がかかってしまいます。

千葉銀行

千葉銀行
住所 千葉県千葉市中央区千葉港1-2
電話 043-245-1111
URL http://www.chibabank.co.jp/

千葉興業銀行

千葉興業銀行
住所 千葉県千葉市美浜区幸町2-1-2
電話 043-243-2111
URL https://www.chibakogyo-bank.co.jp/index.html

京葉銀行

京葉銀行
住所 千葉県千葉市中央区富士見1-11-11
電話 043-222-2121
URL https://www.keiyobank.co.jp/

千葉県の銀行シェアは、(2013年(株)NTTデータ経営研究所調べ)

  • 千葉銀行→24.0%
  • 三菱UFJ銀行→17.0%
  • みずほ銀行→16.2%

と、県全体の4分の1を地元地銀、33.2%がメガバンクという比率になっています。

そして千葉銀行では、ファクタリングに似ている「でんさい一括ファクタリング」というサービスを提供しています。この「でんさい一括ファクタリング」についてお話ししていきたいと思います。

千葉県の主要銀行について

まずはじめに、千葉銀行について少し触れておきたいと思います。

千葉銀行は千葉県内では最大のシェアを誇り、単独の地方銀行としては総資産で全国2位の銀行です。日経平均株価の銘柄の1つで、地銀でありながらニューヨークやロンドン、香港に支店を展開させるなどグローバルな営業も行なっています。他にも、上海やシンガポール、バンコクに駐在員事務所があり、成田国際空港には、支店と出張所が置かれています。

千葉県内のみならず、ワールドワイドに展開している地方銀行です。

千葉銀行の「でんさい一括ファクタリング」

千葉銀行の「でんさい一括ファクタリング」は、三井住友信託銀行との提携により2017年11月30日から開始されました。

でんさい一括ファクタリングは、でんさいの買取りサービスとなり、一般のファクタリングにかなり近い資金調達方法です。売掛債権の期日前資金化や、売掛先の与信情報のみで資金調達ができるなど、ほぼ一般のファクタリングといっても差支えないレベルの資金調達方法です。

またノンリコースであるため、売掛先が倒産したり債権額の回収が不可能になったりしても、資金化後に返済を求められることはありません。この辺りも一般のファクタリングと似ている点でしょう。

千葉銀行のファクタリング的サービスは、一般のファクタリングと同様のサービスが受けられます。しかし唯一異なるのが、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングのような流れではないことです。

関係してくるのは、以下の5社となります。

  • 申し込み企業(売掛元)
  • 売掛先企業
  • 千葉銀行
  • 事務受託会社(三井住友信託銀行)
  • ファクタリング会社

千葉銀行で売掛債権をでんさい化(電子債権化)し、三井住友信託銀行が管理する事務受託会社にでんさいが送られます。その後期日前資金化申し込みが行なわれた段階で、事務受託会社から提携するファクタリング会社へ債権が渡されます。

ファクタリング会社の資金提供は千葉銀行が行なっており、実際には5社間取引ということになります。

千葉県の銀行ファクタリングと一般的なファクタリングの違い

千葉県における主要銀行が行っているファクタリングと、一般的な民間ファクタリングの違いは、「売掛債権の扱いフローが異なる」という点です。

利用のハードルは他の銀行系ファクタリングサービスに比べて低いですが、売掛債権が5社間で動くため、きちんとスキームを理解する必要があります。窓口でしっかりと説明を受けてから利用を検討しましょう。

手数料や掛目、資金化までの時間などは一切情報がないため、基本的な情報に関してもきちんと質問してください。

 

金融機関からの融資は審査に時間がかかってしまいます。しかしファクタリングであれば審査は最短即日で行うことができます。ファクタリング会社

もしすぐにでも資金調達しなければならない状況であれば、ファクタリングをおススメします。しかし数週間から数ヶ月、時間的に猶予があるのなら、銀行などの金融機関からの資金調達をおススメします。
ただし金融機関の審査に通らない経営状況であれば、資金調達方法は限られてくることも事実です。その際には認定支援機関に認定されている士業などに相談し、方向性を決めたほうがよいでしょう。

 

近隣のファクタリング事情

東京都群馬県茨城県埼玉県


千葉市(中央区/花見川区/稲毛区/若葉区/緑区/美浜区)/銚子市/市川市/船橋市/館山市/木更津市/松戸市/野田市/茂原市/成田市/佐倉市/東金市/旭市/習志野市/柏市/勝浦市/市原市/流山市/八千代市/我孫子市/鴨川市/鎌ケ谷市/君津市/富津市/浦安市/四街道市/袖ケ浦市/八街市/印西市/白井市/富里市/南房総市/匝瑳市/香取市/山武市/いすみ市/大網白里市

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次