請求書を現金化 早期で資金調達できるファクタリング

請求書を売却しすぐに資金調達することができます。請求書は「請求書買取サービス」であるファクタリングを利用することで売却することができ、早ければ即日で現金化する可能です。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

あなたの持つ請求書には価値があります。ファクタリング会社で買い取らせていただきます。

 

このページで分かること
  • 請求書を売却することが可能。請求書買取サービスは存在する。
  • 請求書を売却してそのお金が振り込まれるのは最短で即日。
  • 請求書を売却しての資金調達は融資ではないため借金ではない。
  • 可能性としては納品書も現金化できる可能性もある。

ファクタリング会社では請求書の買取サービスを行っています。そもそもですが請求書が売却できるということを知らない人も多いことでしょう。請求書を売却するという行為は認知度が高いとは言えません。

しかし請求書の買取サービス自体は特別なことではなく、多くの事業者が資金調達方法の1つとして普通に利用しています。

請求書を売却することができる理由は単純です。請求書があるということは後日、請求書に記載されている金額を受け取るということです。つまり請求書には記載されている金額分の価値があるということです。

世の中、価値のあるモノは需要があり売却することができるのです。そして請求書の売却先がファクタリング会社であるということなのです。

 

\ 請求書を売却して資金調達 /

 

\ 事業者におススメ!/

請求書買取サービスで請求書を現金化 それも即日で

請求書買取サービスで請求書を現金化

「ファクタリング」というサービスを利用することで請求書を売却することが可能です。

ファクタリングとは「事業者の持っている売掛債権(請求書)を売却することで早期に現金化するサービスのこと」です。早ければ即日で現金を調達することが可能なのです。

参照 即日対応しているファクタリング会社一覧

 

売掛債権(売掛金)とは、「売り上げを取引先から将来的に受け取る権利を持っているということ」です。多くの事業者が持っているものと考えてくれてよいでしょう。

つまり請求書を売掛先に出しているのであれば、売掛金があるということです。売掛金があるということは売掛債権があるということなのです。そしてその売掛債権は売ることができます。

 

請求書はファクタリング会社で買い取ることが可能ファクタリング会社

請求書はファクタリング会社で買い取ることが可能です。ファクタリング会社は売掛債権を購入する会社です。売掛債権があるということは請求書を取引先に提出していると思います。そのため請求書を買い取ることも可能なのです。

 

請求書買い取りの仕組みはとてもシンプル

請求書買取の仕組みはとてもシンプルです。

請求書を取引先に出したということは、将来的に売り上げが入ってくるということ。つまり請求書を出した時点で、売り上げをもらえる権利を持つことになります。これを売掛債権といったり売掛金と言ったりします。

つまり売掛債権(売掛金)は売り上げをもらう権利です。勘違いをしてしまう人もいるようですが、形のあるもの、目に見えるものではありません。証明書があるわけでもありません。請求書を出したということは、自動的に売り上げをもらう目に見えない権利を持つことになるのです。

その権利には請求書に書かれた金額分の価値があるのです。価値があるものは売ることができます。売掛債権を購入するサービスを行っているのがファクタリング会社なのです。

 

請求書を買い取ってくれる業者がいるということを知った事業者事業者

請求書を買い取ってくれるという話を聞いたのだが、本当にそんなことが可能なのか?

売掛金の請求書はファクタリング会社からすると非常に価値のあるものです。ファクタリング会社

はい、可能です。まだ入金されていない売掛金の請求書は、ファクタリング会社からすると価値のあるものであると考えているためです。

簡単な請求書しか存在しないが、それでもファクタリングを利用することはできるのだろうか?事業者

いまいちよく分からないのだが、請求書と言っても取引先にメールで送ったものしかないが、それでも問題ないのか?

ファクタリング会社によって判断はわかれるが、請求書を送ったという事実が何よりも大事。ファクタリング会社

ファクタリング会社にもよるかもしれませんが、大丈夫です。「請求書を取引先に送ったという事実」が大事なのです。

疑問を感じる事業者事業者

つまり?

請求書を出したということは、その前段階で商品を納品しているということなので、その段階で売掛債権は発生していると説明するファクタリング会社ファクタリング会社

請求書を送り、取引先がその請求書を受領したということは、請求書に書かれている金額を双方で認識しているということです。つまりは、取引先から将来的に振り込まれてくるということです。
請求書を送った事業者と、請求書を受け取った取引先の間においては、請求書に書かれている金額分の価値が成り立っているということが重要なのです。

納得する事業者事業者

なるほど

ファクタリングを利用すれば、請求書は早ければ即日で現金化することができるファクタリング会社

問題点としては、請求書を出してもすぐにお金が支払われないこともあります。翌月、翌々月払いというのは普通にあることです。
そこでファクタリング会社があなたの請求書を買い取ることで、あなたはいち早くお金を手にすることができるのです。

どのような請求書でも買い取ってくれるのか?事業者

なるほど。ただ請求書なんだが、どのようなものでも買い取ってくれるのか?

請求書を買い取れるかどうかは審査をしてみないと分からないファクタリング会社

まず審査をさせていただきます。請求書を出したということは、発注書や納品書などが存在していると思います。
また何度か取引を行っている取引先であれば、過去の取引の履歴は通帳を見させていただき、判断させていただきます。

取引の事実、納品の事実、将来的に売掛金が入ってくることが証明できれば問題ない。事業者

つまり取引の事実、将来的に売掛金が入ってくることが第三者目線でハッキリすればよいということか。

ファクタリング会社は価値のある請求書に興味がある。ファクタリング会社

そうですね。ファクタリング会社として「この請求書には価値がある」と判断することができれば、買い取ることは可能です。

 

請求書 = 売掛金 = 売掛債権

あくまでもイメージですが、以下のような感じです。

【請求書 = 売掛金 = 売掛債権】

 

つまり請求書を出したということは、その時点で売掛金があるということです。売掛金は将来的に入ってくる売り上げです。将来的に入ってくる売り上げをもらう権利のことを売掛債権といいます。

よって請求書を取引先に提出している事実があるのなら、それは売掛債権があるということです。つまり売掛債権があるということならば、それを売却するシステムのファクタリングを利用することが可能ということになるのです。

BtoBであればファクタリングが利用可能

BtoBであればファクタリングが利用可能です。BtoCの場合は利用することができません。

基本的にBtoBの場合、ある会社が他の会社に対し商品やサービスを提供します。その対価としてお金をもらうことで成り立っています。商売の基本スタイルです。

BtoBの仕組み

STEP1 事業者は取引先から注文を受ける。事業者は取引先に対し見積もりを提示。双方で合意したのちに事業者は仕事に取り掛かる。
STEP2 事業者が仕事を完了すると、請求書を取引先に送る。
STEP3 取引先は請求された金額を事業者に対して支払う。

これが基本的なBtoBの流れでしょう。

ここで大事なことはSTEP2の、「商品やサービスを提供した段階で、相手の会社には請求書を渡している。」ということです。

請求書を渡しているということは、「提供した商品・サービス代金をいただきますよ」「売掛金がありますよ」「あなたからお金をもらえますよ」ということになります。

よって「将来的に売掛金を受け取る権利を私は持っています。」という宣言となります。そしてこの将来的に売掛金を受け取る権利こそが「売掛債権」ということになるのです。

 

ファクタリングの説明をしているファクタリング会社

少し難しくなってしまったかもしれませんが、「売掛金」もしくは「請求書」があれば、それらを振込予定日よりも早く現金化することが可能なのです。それがファクタリングです。早ければ即日で現金化可能です。

 

\ 請求書を売却して資金調達 /

 

請求書が売却できるなら納品書も売却することができる

請求書が売却できるのならば、納品書も売却することができる意味合いを持ってきます。

請求書をファクタリング会社に売却できるという話をしてきました。

これは「請求書を出しているということは売掛金があり、それはつまり売掛債権を持っているということ」であるためです。

これと同じ理論で行くと、「納品書も売却することが可能です」

「納品書があるということは商品を納品している。つまり請求書を出す予定、もしくは出している。それはつまり売掛金があるということで、売掛金をもらう権利である売掛債権があるということ」という理論です。

実際に納品書をファクタリング会社が買い取ってくれるかどうかは、問い合わせてみなければ分かりません。対応しているケースとそうではないケースがあるためです。

ただしどのような形であれ、「将来的に売掛金が入ってくる」という証明をすることができれば、交渉をしてくれるファクタリング会社は現れることでしょう。

 

売掛金が存在するか、その売掛金は将来的に現金化することができるのか?ファクタリング会社

「売掛金が存在するか、その売掛金は将来的に現金化することができるのか?」という所がポイントです。これを証明することができれば、請求書がなく納品書があるだけでも、話を聞いてくれるファクタリング会社はあると思います。
ただし、納品書を売掛先に出しているのなら、請求書をすぐに出してしまった方が良いと思います。

 

\ 事業者におススメ!/

請求書を出しても必ず支払われるわけではない!?売掛金は不確定の利益

売掛金が必ず支払われると本当に思っている?売掛金の危うさ

請求書を出したら、必ず支払いをしてもらえると思っている事業者がいるようですが、そのようなことはありません。

売掛金というのは不確定の利益なのです。手元に入ってきて初めて利益が確定します。つまりそれまでは安心できないということです。商品やサービスを取引先に提供したら、その対価として売掛金が入ってきます。これはビジネスの基本です。

しかし本当に売掛金は入ってくるのでしょうか?

こんなことありませんか?

  • 請求書を出したのに売掛金が支払われない
  • 取引先に何度連絡しても連絡が取れない
  • 取引先の経営状況が思わしくなく、売掛金を支払えないと言われた

長く事業を続けていれば、似たような状況に陥った経験を持っている事業者もいることと思います。売掛金はあくまでも「不確定」なものです。実際に自分の手元に売掛金が入ってくるまで確定していないのです。

「そのうち入ってくるから大丈夫」

といった考え方はNGです。本当にそう言い切れますか?さらに売掛金には消滅時効があり、一定の期間が過ぎてしまったら時効が成立してしまうのです。

売掛金が入ってこない場合の対処法として「内容証明郵便を送る」といった方法があります。しかしこれが面倒なのです。

内容証明を送るということは、ある意味取引先に強い姿勢で臨んでいるということになります。つまり取引先は高確率で気分を害すことでしょう。払うものを払っていないのにもかかわらずです。結果として、その後の仕事の取引に影響が出る可能性は十分にあります。

参照 未回収の売掛金を現金化する方法

 

将来的に入ってくる売掛金の危うさ

将来的に入ってくる売掛金は、危ういものです。

それは「今は手に入れることができないもの」であり、つまりは「確定していない」ということなのです。

もしも売掛先が経営難に陥ってしまったり倒産してしまったら、売掛金を回収することができなくなる可能性も十分に考えられます。その影響により売掛金の金額によっては、事業の経営に大きなダメージを与え、連鎖倒産してしまうことも。

このようなこともあり、できるだけ早く売掛金は現金化する方が好ましいのです。

参照 なぜ売掛金を売却する必要があるのか?

 

売掛金は手元に来て初めて利益が確定する。入金されていない売掛金の状態では何の価値もない。事業者

手元に売掛金が来るまで安心できない。売掛債権はなるべく長い期間持ちたくない。

 

繰り返しますが、売掛金は確定している利益ではありません。確定していないものですので、将来的にどうなるか分からないのです。そのため早い段階で利益を確定させるため、持っている売掛債権をファクタリング会社に売却してしまうというのも1つの経営判断です。

売掛金を回収するのは非常に面倒(体験談)

これは私自身の経験です。売掛金が支払われなかったことがあります。何度連絡しても連絡が付かず、仕方なく内容証明郵便を送ることに。

ただこの内容証明を書くのがとても面倒なのです。

事の経緯を文章にしていきます。ネットで探したテンプレートを基に作成したのですが、使われる表現が難しく、正しくかけているのかどうかも怪しく・・・。さらに文字数制限があります。

郵便局から出すわけですが、その前に郵便局員にチェックをしてもらいます。チェックの時間は約1時間。2回間違いを指摘され、何度も郵便局に行くこととなってしまいました。

内容証明を出したのですが、結局売掛先からの振り込みは確認できませんでした。そのため弁護士に相談することに。

さまざまな方法を提案していただいたのですが、どの方法も非常に手間がかかり、さらには費用もかかる・・・。結果として手間と費用のバランスを考え、その売掛金は諦めることに・・・。

このようなこともあり、金額にもよりますがなるべく早く売掛金は回収しておいた方が良いと思います。もし取引先の支払いに不安を感じるのであれば、早めに現金化できるファクタリングを利用するのも良いと思います。

 

会社経営をしていれば、誰でも一度は売掛金のトラブルに巻き込まれたことがあるのではないだろうか?事業者

商売を長く営んでいれば、売掛金が回収できなかったという経験を持つ人も少なくないだろうな。そんなときに、ファクタリングを利用するのは方法としてはアリなのかもしれないな。

 

\ 事業者におススメ!/

売掛金をすぐには受け取れないリスク 黒字倒産は47%超え

売掛金をすぐには受け取れないリスク 黒字倒産は47%超え

売掛金はすぐに受け取れるお金ではありません。受け取るまでには時間が必要となり、さらに確実に入金されるかどうかがわからないお金でもあります。

請求書を出すとすぐに売掛金が入ってくるか・・・・?というとそのようなケースは少ないことでしょう。1ヶ月後、2ヶ月後・・・と、しばらく時間をおいてから入ってきます。

この「しばらくの時間」が会社の明暗を分けることが多々あります。

 

今すぐに現金が欲しい事業者事業者

取引先へ商品を提供した。再来月には100万円が入金される予定なんだ。しかし今月資金が足らない。このままでは今月資金ショートで会社が倒産してしまう・・・。困った・・・。

 

売掛金があり、それらを回収することができれば十分に黒字なのに、回収できずに倒産してしまうことを「黒字倒産」と言います。

実は黒字倒産は決して珍しいことではありません。倒産する会社の47.7%が黒字倒産とも言われています。

参照 東京商工リサーチ(外部サイト)

 

長く事業をしていれば、資金不足になってしまうことはあるものです。固定費を抱えている会社の場合は特にです。

このようなとき、ファクタリングに関わらず現金を調達する方法を用意しておくだけでも、1つのリスクヘッジとなることでしょう。

\ 事業者におススメ!/

請求書を売却しすぐに現金化 資金ショートは防げる

売掛金をすぐに現金化することで防げる資金ショート

請求書を取引先に提出し、売掛金が入ってくるまで黙って待っているというのが従来の方法です。

しかしここまでもお話ししてきた通り、売掛金は不確定な利益です。取引先の経営状況が悪化してしまったら、いくら売掛金を受け取る権利があったとしても手にすることは難しくなってしまうことでしょう。

請求書を提出した先の経営状況が怪しいと思うのであれば、なるべく早めに請求書(売掛金)を現金化してしまうというのも経営手段の1つです。

こんな悩みありませんか?

  • 売掛金があるのに、今手元に現金がなくて困っている
  • 売掛金はあるが、本当に期日までに入ってくるのか怪しい。

このような状態を解決する方法として「ファクタリング」での資金調達が有効とされています。もちろん資金調達方法は数多くあるのですが、「今すぐに売掛金を現金化する」となると、考えられるのはファクタリングでしょう。

参照 ファクタリングは黒字倒産を防ぐ資金調達テクニック 黒字倒産を未然に回避する方法を紹介

 

ファクタリングは、持っている売掛債権を売ることで現金を手にすることができます。売掛債権を持っているということは売掛金があるということです。それはつまり、取引相手の会社に出した請求書が存在するということです。

逆に言いますと、取引相手の会社に請求書を出したということは、売掛金があるということです。売掛金があるということは、売掛金を受け取る権利である売掛債権を持っているということです。

このようなことから、請求書(売掛債権)を持っていれば、それをファクタリング会社に売却することで、現金を調達することができるのです。

 

ファクタリングはすぐに請求書を現金化してくれる情報を入手した事業者事業者

ファクタリングならすぐに請求書を現金化することができると聞いたが、本当なのか?

請求書を買い取るためには書類が必要であり、その後審査も必要となってくるが、それでも即日中に現金を手に入れることも可能なファクタリングファクタリング会社

はい可能です。それにはまず、提出していただきたい書類がありますので、それらを準備した上でお問い合わせいただくとスムーズに話が進みます。
ファクタリング会社にもよりますが、「売掛金の有無を証明できるもの(請求書など)」「直近3ヶ月程度の通帳」の2つの書類だけで、審査をしてくれる場合もあります。

 

参照 ファクタリングを利用するときに必要となる書類

 

請求書の買取サービスを利用することは特別ではない

請求書の買取サービスを利用すること自体は特別なことではありませんし、昔からある手法です。アメリカでは一般的に利用されていますし、日本の大手企業でも利用しているところはあります。

ただ知名度があまり高くないため、この方法を知らずに黒字倒産に追い込まれてしまう事業者もいるほどです。知っているか知らないかだけで大きな差なのです。

参照 経営者が知っておきたい8つの資金調達方法

 

\ 事業者におススメ!/

請求書を売却しての資金調達は借金にはならない

請求書を売却しての資金調達は借金ではない

請求書買取サービスを利用し、請求書を売却して資金調達したとしても「借金には該当しません」。

これがファクタリングにおける強みでもあります。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

ファクタリングは借金をするわけではなく、会社で持っているモノを売却する行為です。結果として売却益を得ることができ、それが資金調達できたということにつながるのです。そのため借り入れをしていないため、借金の履歴が残らないということなのです。

 

資金調達と言えば借金というイメージを持つ人も多いのですが、ファクタリングの場合は持っている請求書を売却しているわけです。つまり会社の持ち物を売却しているだけです。結果として資金調達することができているかもしれませんが、お金を借りたわけではありません。

つまり貸借対照表(バランスシート)には借金の履歴は残りません。信用情報も傷つきません。これは事業者であればどれだけ重要な事か分かるかと思います。

将来的に金融機関からの融資を考えている場合には、その審査において過去の借金が影響を及ぼすことがあります。しかしファクタリングは借金ではないため、その履歴が残らないのです。

 

ファクタリング会社ファクタリング会社

将来的に金融機関からの融資を考えている、もしくは利用する可能性がある場合。過去の借金が審査に影響し審査に通過できなかったということはよくある話です。そのため借金ではない資金調達というのは重宝されるのです。
\ 事業者におススメ!/

審査の通過率は90%越え!?でも審査されないケースが多い

審査の通過率は90%越え!?でも審査されないケースが多い

 
ファクタリングを利用する際の審査の通過率は90%を超えると言われています。

しかし審査自体を受けられない申込者が多いのをご存じでしょうか?

 

ファクタリングの審査通過率は90%を超えているとされている事業者

ファクタリングは審査の通過率が90%を超えているんだろ?それなら簡単に資金調達できるな。

と思われがちですが、実はそうではないのです。

審査の通過率は非常に高い数字なのですが、審査を受けるまでに至らないケースが非常に多いのです。それはファクタリングを利用する際の最低条件である「法人・個人事業の事業者」「売掛債権(請求書)の存在」を満たしていないことが多々あるのです。

ファクタリング≠借金・融資 よくある勘違い

ファクタリングで運転資金を調達したいと考える事業者事業者

ファクタリングで資金調達したいと考えているのだが。

売掛債権の有無を確認ファクタリング会社

はい、では取引先への請求書、つまり売掛債権をお持ちでしょうか?

融資の相談をファクタリング会社へしてくることも事業者

請求書?そのようなものはない。ただ事業資金として資金調達を考えているんだが。つまりお金を融資してもらいたいわけだ。

ファクタリングとは融資ではないため、お金を貸すことはしていないファクタリング会社

申し訳ありませんが、ファクタリング会社というのは融資を行なう会社ではありません。つまりお金の貸し借りは行っていないのです。

資金調達とはお金を借りることだと思っている事業者

聞いた話とは違うな。資金調達できるんだろ?

資金調達はお金を借りることとは限らないファクタリング会社

はい、確かに資金調達をすることは可能です。しかしそれは、あなたの持っている請求書を弊社が買い取った場合です。請求書の買取金額をすぐにお支払いします。結果としてお金を手にすることとなるため、資金調達ができたということになるのです。

請求書や売掛債権が無ければファクタリングは利用できないと理解事業者

なるほど。そういうことか。では取引先への請求書、つまり売掛債権が無ければ、ファクタリングでは資金調達できないということか。

謝罪するスタッフファクタリング会社

申し訳ありませんが、その通りです。

資金調達=借金・融資と思う事業者が多いと推測事業者

私もだが、多くの事業者が勘違いしてくるのではないか?「資金調達=借金・融資」と思っている事業者は沢山いるだろ?

資金調達=借金・融資と勘違いする経営者は非常に多いファクタリング会社

はい、非常に多いです。そのため多くの場合、審査をすることさえできないのです。
もし請求書(売掛債権)があれば、審査の通過率は90%を超えます。

 

もしもの話ですが、売掛債権がないのにもかかわらず契約を行う業者があったとしたら、それはファクタリング業者ではない可能性が高いです。その際には必ず契約書を確認してください。ファクタリング契約ではない可能性があり利用は危険だと考えます。

請求書の買取を行っているおススメファクタリング会社 TOP5

請求書を買い取ってくれるおススメのファクタリング会社を5つ紹介しています。

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日
年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。

請求書の買取サービスの審査に通らない2つの理由

ファクタリングの審査通過率は90%を超えるとされ、審査さえしてもらえれば高確率で資金調達ができます。

しかし審査に落ちてしまうケースがあります。とくに多い理由を「売掛債権(請求書)」に焦点を当てて2つ紹介します。

ファクタリングは審査通過率90%を超えるとされているが落ちる場合もあるのか?事業者

ファクタリングは審査さえしてもらえれば90%以上は資金調達できるという話だが、それでも審査に落ちる場合もあるんだろ?どんな場合だ?

ファクタリングの審査に通過しなかった2つのケースを紹介。ファクタリング会社

審査に落ちてしまうケースはいくつかあるのですが、今回は請求書に関してのお話をさせていただきます。
多いのは売掛債権の二重譲渡、もしくは、売掛債権の偽造です。

二重譲渡?偽造?事業者

二重譲渡?偽造?どういうことだ?

二重譲渡と偽造の説明ファクタリング会社

まず売掛債権の二重譲渡ですが、既に一度ファクタリング会社に売却した請求書を再び他のファクタリング会社に売却する行為です。つまり事業者からすると、すでに他のファクタリング会社に売却済みであるため、資金調達は完了しお金を手にしているわけです。しかし再び同じ売掛債権を他のファクタリング会社に売却するのです。

1つの売掛債権を複数回売却する事業者の存在事業者

そんなことが可能なのか?それが可能であれば1つの請求書で色々なファクタリング会社からお金を引っ張ってこれるじゃないか。

請求書の二重譲渡は可能だが、それは詐欺罪に該当する可能性が十分にあるファクタリング会社

可能か不可能かでいったら可能です。ただ実績のあるファクタリング会社はそれをしっかり見抜いてきます。万が一見抜けなかったとしても、後になって必ず判明します。その際にはファクタリング会社としたら、事業者に単にお金を渡しただけなので、詐欺罪として法的処置を取るケースが多いです。

売掛債権を偽造するとは?事業者

まぁそうなるだろうな。あとは売掛債権の偽造とは?

売掛債権の偽造についての説明。ファクタリング会社

売掛債権の偽造、つまり請求書の偽造ですが、これも意外と簡単に行うことができてしまいます。とくに売掛先と話を合わせれば簡単に行うことができてしまします。この場合も、審査の段階で見抜くケースが多いのですが、それでも中には審査を通過してしまうこともあるのです。

ファクタリング業界の不正を知る事業者

なるほど。でもそれは、だれの目から見ても明らかに詐欺になるな。

詐欺にあったファクタリング会社は、場合によっては法的手段を講じることもある。ファクタリング会社

そうですね。価値のないものを人工的に作り出し、価値があるように見せかけてファクタリング会社に買い取らせるわけですからね。もし審査を通過させてしまい、事業者にお金を渡した後に判明した場合には、ファクタリング会社としては法的手段を取るケースが多いでしょう。

利用を躊躇し始める事業者

なんかファクタリングを利用するのが怖くなってしまうな。

正しく利用さえすればファクタリングはとても便利なサービスファクタリング会社

そんなことありませんよ。常識の範囲内で行動していれば問題ありません。もし怪しいと思うこと、分からないと思うことがあれば、契約をする前にファクタリング会社に聞いてみることです。

参照 ファクタリング利用者は気を付けよう 架空債権・二重譲渡・計画倒産

 

相手はお金のプロ 遅かれ早かれ発覚してしまう

ファクタリングの審査に請求書が原因で落ちてしまう理由としては「売掛債権(請求書)の二重譲渡」「売掛債権(請求書)の偽造」です。

実際にこれらは簡単にできてしまいます。しかし遅かれ早かれ発覚してしまいます。

基本的にファクタリング会社は金融のプロです。常にリスクと戦っており、その中で培われたお金に関する知識、人を見る目に関しては、かなり高いレベルといってもよいでしょう。ファクタリングは一度のミスで、ファクタリング会社自身が大きな損失を招きかねません。

そのため、二重譲渡や偽造はすぐに判明してしまいます。しかしそれでも、見抜けないことが少なからずあります。事業者からの入金予定日に入金がない、連絡もつかない、騙された・・・、と気づくわけです。

しかしこれで諦めるほど、ファクタリング会社はお人好しではありません。ファクタリング会社のみならず、お金を騙されて持っていかれたとなっては、誰でも黙ってはいません。法的手段です。

ちょっとした出来心や思い付きで行った行為から、非常に面倒なことになっていってしまいます。ファクタリング会社を欺く行為は賢明とはいません。

請求書を売却して資金調達は一般的 法人も個人事業者も可能

請求書を売却して資金調達は一般的 法人も個人事業者も可能

請求書(売掛債権)は、請求書買取サービスであるファクタリング会社へ売却することができます。そして請求書の買取自体は一般的な資金調達方法です。

そしてこのサービスは事業者であれば、個人事業主でも法人事業者でも利用することができます。

代表が登場する必要がある

ファクタリングは事業の代表が利用するサービスとなります。

個人事業であればその代表。法人である場合には代表取締役など、その事業の代表が利用するサービスとなります。つまり代表以外の社員と契約を結ぶことは普通は考えられません。

一般社員が勝手に、勤めている会社の請求書を持ち出してファクタリング会社に売却しようと思えばできてしまいます。いくら社長の許可をもらっているといっても、ファクタリング会社としてはそれを社長本人から確かめなければ契約することはできません。間違いなくトラブルに発展するためです。

よってファクタリングとは事業の代表のみが利用できるサービスということになります。

請求書には価値がある だから売れる!

多くの事業者は、数ヶ月先に入金予定である売掛金の請求書を持っていると思います。その請求書には、請求書に書かれている金額分の価値があります。価値のあるものは需要があるものであり、それを購入するのがファクタリング会社です。

ファクタリングはあまり聞き慣れないと心配する人もいるかもしれませんが、近年では一般的な資金調達方法となっています。とくに黒字倒産を防ぐ方法としては非常に有効な手段の1つとして注目されています。さらに持っているモノを売却して資金調達した扱いであるため、借金に該当することはありません。

契約後は返金の必要はない

もしファクタリング会社に請求書(売掛債権)を売却した後に、売掛先から売掛金が入ってこなかったとします。それでも事業者は責任を取る必要はありません。なぜなら既に売掛金を手にする権利はファクタリング会社にあるためです。

ファクタリング会社としても事業者に対し、責任追及することができません。それはファクタリング契約自体が償還請求権のない(ノンリコース)であるためです。そもそも審査をして購入を決定したのはファクタリング会社です。万が一事業者に渡したお金が戻ってこなかったとしても、その責任はファクタリング会社自身が負うことになるわけです。

※ノンリコースであるかどうかは契約の際に必ず確認してください。

 

ファクタリングは資金調達方法の1つ。他にも手はある。ファクタリング会社

あくまでもファクタリングは資金調達方法の1つです。その他にも資金調達する方法はいくつもあります。どんな資金調達方法が自分の会社に合うのかを見つけるのも、事業者としても腕の見せ所でしょう。

 

請求書買取サービスは個人事業主でも利用可能!ただし断られるケースも

ファクタリングは法人でも個人事業でも取り扱いを行っています。

法人の請求書であれば、どのファクタリング会社も前向きに話を聞いてくれます。しかし個人事業となると少し話は変わってきます。

法人と個人とでは「社会的信用」の面から見ると、どうしても法人の方が信用力があります。請求書を買い取るファクタリング会社が審査の際に重要視している項目の1つは「信用」です。信用のある法人の相手をした方が、ファクタリング会社にとってリスクが少なくなるのです。

そのため、個人事業主という理由で話を聞いてくれないということもあります。

では個人事業の請求書を買い取っていないのか・・・というとそのようなことはありません。ファクタリング会社によりますが、個人事業者も対象としているケースはありますし、今では増え続けています。

 

個人事業主のファクタリングファクタリング会社

個人事業主のファクタリングを積極的に取り扱っているファクタリング会社はあります。

 

月商と債権のバランスがネックとなる

社会的信用力以外でファクタリング会社が個人事業主を敬遠する理由は、「月商と債権のバランスに違和感が出てくるため」です。

個人事業主の場合、月商が高いのであれば税金の面から考えても法人成りしているはずです。ところが個人事業主でいるということは月商がそれほど高くないということになります。

たとえばある個人事業の月商平均が100万円だったとしましょう。その事業者が突然500万円の売掛債権をファクタリング会社に持ってきたら、ファクタリング会社としては違和感を感じるのです。

 

個人事業主のファクタリングファクタリング会社

個人事業主なのに債権金額が500万円?毎月の平均月商は100万円なのに?
突発的に発生した売り上げかもしれないが、偽装しているかもしれない。債権の出所や今までの取引内容をしっかり確認する必要がある。
いずれにせよ、法人を相手にするよりもリスクはある。

 

売掛債権の存在を証明するための資料である請求書や銀行口座のコピーは、偽装しようと思えばできてしまいます。実際に書類を偽装して、ファクタリング会社からお金を奪う人もいます。

このようなことがあるため、ファクタリング会社としては月商と債権の金額のバランスをチェックするのです。

ポイントは売掛先の信用力

個人事業主でも請求書買取サービスを利用することはできます。なぜなら請求書を買い取るファクタリング会社が気にすることは「請求書を出した先、つまり売掛先である会社が法人なのか個人事業なのか?」という点なのです。

先ほどもお話しした通り、法人と個人事業を比べると信用力があるのは法人です。そのため売掛先が法人であるのなら審査が通りやすいという現実があります。もし売掛先が個人事業者の場合、審査は厳しくならざるをえません。

とはいえ、それでも買い取ってくれるファクタリング会社は存在します。もし個人事業者でも請求書を売却したいと考えているのであれば、複数のファクタリング会社にコンタクトを取ってみるとよいでしょう。ただし中には悪徳といわれる業者の話も聞きますので、比較的業界内でも知名度の高い会社を利用することをおススメします。

\ 事業者におススメ!/

個人事業・フリーランスでも利用できる請求書買取サービス

個人事業主やフリーランスでも請求書買取りサービスであるファクタリングを利用することは可能です。

ただし法人に比べると、少しハードルが高くなる傾向にあります。

しかしインターネット大手のGMOが運営している「FReeNANCE(フリーナンス)」であれば、個人事業主やフリーランスをメインの対象としたファクタリングサービスを行なっています。

 FReeNANCEの特徴

  • 個人事業者・フリーランスが対象
  • 手数料は3%~
  • 買取金額は1万円~1000万円まで
  • 取引先に知られない
  • サービス提供元が大手

 

\ 個人事業者・フリーランス向け /

 

サービス内容はほぼ一般的なファクタリング会社と同じです。最短即日で口座へ振り込みされます。

利用する際には「持っている請求の提出」「必要な情報の記入」など、どうしても手間がかかってはきますが、これは法人が利用するファクタリングでも同じことが言えます。

そしてもちろん審査があります。さらに利用する際にはフリーナンスの口座を開設する必要があります。このフリーナンスで口座を開設するということに関しては、他のファクタリング会社では行わないことなので1つの手間となってしまいます。

とはいえ、個人事業主がこの条件で利用できるファクタリングとしては、手間を差し引いても、利用を検討する価値はあるかと思います。

個人事業者やフリーランスが請求書をすぐに現金化したいと考えているのなら、利用候補の1つに考えておいてもよいかもしれません。

よくある質問

請求書買取サービスとは何ですか?

請求書や売掛債権は売却することができます。これを請求書買取サービスと呼ばれることがあります。請求書はファクタリング会社に売却することができ、早ければ即日で現金を手にすることができます。

請求書は現金化できますか?

まだ未入金である売掛金の請求書は現金化することが可能です。一般的に請求書に書かれている金額が売掛先から入ってきます。つまりその金額分の価値があるということです。そんな価値ある請求書はファクタリング会社が購入してくれます。

請求書を売却して資金調達することは借金ですか?

請求書を売却して資金調達しているため、お金を借りているわけではありません。そのため借金ではありません。借金ではないためファクタリングでの資金調達は、将来的に金融機関から融資を考えている際にも、信用情報で足を引っ張られることはありません。

どのような請求書でも売ることができますか?

ファクタリング会社が請求書(売掛債権)を購入するときには必ず審査をします。その際、ファクタリング会社にとって購入する価値があると判断されれば売ることができます。審査の通過率は90%越えとかなり高い数字となっています。ただし明らかな不良債権は売却することが難しいです。