銀行から融資NGでもファクタリングなら資金調達可能 ファクタリングで売掛債権を現金化

銀行から融資NGでもファクタリングなら資金調達可能 ファクタリングで売掛債権を現金化

 

資金調達をしたいと考えたが、銀行からの融資を断られてしまった事業者事業者

資金調達をしたいと考え、銀行からの融資を期待したが断られてしまった・・・。

 

銀行からの融資を期待していたのに、申し込みをしてみたら審査で落とされてしまったという経験を持つ事業者も少なくないことでしょう。

それでもどうしても資金が必要な時には他の資金調達方法を探す必要があります。そこでおススメしたいのが「ファクタリング」です。

もし未回収の売掛債権(請求書)を持っているのであれば、それを売却することで資金調達が可能となります。さらにファクタリングの審査は、銀行の審査に比べると遥かに審査が緩いとされています。

そのため、銀行からの融資を断られても資金調達できることもあるのです。

銀行とファクタリングでは審査のポイントが異なる

銀行融資の審査よりもファクタリングの審査の方が緩いといった表現をしましたが、これはあくまでも一般論です。そのため時としてファクタリングの審査の方が厳しいと思う事業者もいるかもしれません。

例えば銀行融資では、税金滞納していたり赤字決済であったり、さらには事業者の信用情報が傷ついてしまっている場合には、「この事業者とお金のやり取りをするのは不安がある。貸したお金を回収できない可能性がある。」と判断し、審査に通らないことでしょう。

ところがファクタリングの場合には、税金を滞納していても赤字決済だったとしても、事業者の信用情報が傷ついている状態だったとしても、そこは審査で重要視されない傾向にあります。

ファクタリングにおいて一番重要なのは、「売掛先の信用度」です。事業者がファクタリング会社に売却しようとしている売掛債権がしっかりと現金化できるか否か」ということを重要視するのです。詳しくはファクタリングの仕組みを参照してください。

参照 図解で分かるファクタリングの仕組み

 

このようなことからも総合的にみて、ファクタリングの方が審査が緩いとされているのです。

ただしですが、ファクタリングは貸金業社ではありません。売掛債権を売却して資金調達するものです。そのため未回収の売掛債権を持っていなければ利用することができません。

銀行でもファクタリング業務を行っている しかし・・・

実は銀行でもファクタリング業務を行っていることがあります。ただし銀行系のファクタリングサービスと民間のファクタリングサービスは、基本的には違ったものと考えた方がよいと思います。

システム自体は同じです。ただし契約形態が異なるため、「手数料」「審査時間」「入金までの時間」「売掛先への通知」という面は全く違ったものとなります。

参照 図解で分かるファクタリングの仕組み

 

ファクタリングは売掛先へ知られずに、売掛債権を売却できる事業者

ファクタリングは売掛先へ知られずに、売掛債権を売却でき、審査が緩く、早ければ即日で資金調達できる。

 

このような考えで銀行のファクタリングを利用しているとするのなら、当てが外れてしまうことになるかもしれません。

前提としてですが、ファクタリングの性質上、銀行系でも民間でも徹底的にリスクを嫌います。少しでも怪しいと感じた場合には、債権を購入してくれることはありません。

さらに銀行の場合、扱っているお金は預金者のお金です。つまり融資にしてもファクタリングにしても、絶対に減らしてはいけないものなのです。つまり必然的に審査は厳しくなりますし、ファクタリングの中でもリスクの少ない「3者間契約」を行うこととなります。

これはつまり、「売掛先にファクタリングを利用したことが知られる」ということです。

銀行系ファクタリングのメリットとデメリット

初めに結論を言いますと、銀行系のファクタリングサービスは、民間のファクタリング会社のサービスとはかなり違ったものとなっています。

手数料が低い 理由は3社間だから

銀行系ファクタリングの大きなメリットは、何といっても手数料が低く抑えられるところでしょう。あらゆる資金調達でも言えることですが、銀行を利用して資金調達する場合は、手数料や利息が低くなります。

これが銀行を利用する大きなメリットといえます。

ただしなぜ手数料が低いのかというと「3社間契約」であるためです。3社間契約であれば民間のファクタリング会社でも手数料は低くなりがちです。

ファクタリングの長所でもあるスピード感が無くなる

銀行系のファクタリングは、3社間契約となります。そのため審査に時間がかかってきます。

ファクタリングといったら、早ければ即日で資金調達することができるというのが大きな魅力のサービスです。銀行系ではそれが難しいのです。

それもそのはずです。そもそも銀行が取り扱っているお金は、預金者が預けたものです。つまり預かっているお金を運用することで、利益を上げているわけです。言い換えると、預金者から借りているお金を運用して利益を上げているのです。

そのため、絶対に損をしてはいけないのです。よって審査は厳しくなりますし、リスクの低い3社間契約が主流となっているのです。

銀行系のファクタリングは民間とは大きく異なる

銀行系のファクタリングサービスは、民間のファクタリングサービスとは違ったサービスと考えてもよいでしょう。

銀行系 民間
契約形態 3社間 2社間・3社間
売掛先への通知 あり なし(2社間)
手数料
審査 2週間~ 即日~2日程度
入金までの時間 2週間~ 即日~2日程度

ファクタリングというシステム構造としては同じです。ただしメインとなる契約形態が3社間であるのか2社間であるのという違いがあります。

銀行系のファクタリングは、基本的には3社間契約となります。ファクタリングにおいて3社間契約の方が圧倒的にリスクの低い契約となります。銀行は預金者のお金を運用しているわけであり、減らすわけにはいきません。そのためファクタリングサービスを行うにしても、リスクの少ない方法でのサービス展開となるわけです。

一方民間のファクタリング会社の多くは、2社間ファクタリングをサービスとして提供しています。理由としては手数料が多く取れるためです。

3社間契約の場合、手数料は5%前後となっています。リスクが低く出したお金を回収することができる可能性が高いためです。ところが2社間契約の場合、手数料は10%〜30%が相場となっています。これは事業者に対して出したお金を回収できない可能性があることも原因の1つとなっています。

また銀行系の場合、どうしても審査に時間がかかってしまいます。これはしっかり審査をすることでなるべくリスクを減らすためです。一方、民間の場合はなるべく早く審査結果を出します。これが1つの強みでもあるためです。

このようなことにより、銀行と民間のファクタリングサービスはまったく違ったサービスとなるわけです。

銀行別 ファクタリング情報

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県

栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県

石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県

滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県

岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県

佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

沖縄県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


沖縄県の銀行(琉球銀行・沖縄銀行・沖縄海邦銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

鹿児島県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


鹿児島県の銀行(鹿児島銀行・南日本銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

宮崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


宮崎県の銀行(宮崎銀行・宮崎太陽銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

長崎県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


長崎県の銀行(十八銀行・親和銀行・長崎銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

佐賀県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


佐賀県の銀行(佐賀銀行・佐賀共栄銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

福岡県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


福岡県の銀行(福岡銀行・西日本シティ銀行・筑邦銀行・北九州銀行・福岡中央銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

愛知県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


愛知県の銀行(愛知銀行・名古屋銀行・中京銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

島根県の銀行で資金調達できない!?確実に資金調達ができる方法


島根県の銀行(山陰合同銀行・島根銀行)で資金調達が上手くいかなかった場合でも、ファクタリングを利用すれば資金調達ができることも。ファクタリングは持っている売掛債権を売買するだけなので審査も緩く入金までが早いのが大きなメリットです。

目次