給与ファクタリングを取り扱う会社が少ない理由

基本的にファクタリング会社のほとんどは審査が甘いです。なぜなら以下の理由があります。

  • 赤字決算でも利用可能。
  • 税金滞納でも利用可能。
  • 信用情報が傷ついていても利用可能。

であるためです。

一般的に金融関連の審査は、これらのいずれかに該当している状態で審査に通ることは非常に難しいのです。ところがファクタリングに関していうと、あまり影響がありません。それゆえ審査が甘いとされています。

ファクタリングサービスは大きく分けて3つあります。

  • 銀行系
  • ノンバンク系
  • 民間系

この中でとくに審査が甘いのは「民間系」のファクタリング会社です。

\ 事業者におススメ /

当サイトが注目!ファクタリング会社TOP5

えんナビ 対象 契約形態 スピード
えんナビ

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日

24時間365日、夜間や休日もスタッフが対応。手数料は業界最低水準。最短即日で資金調達可能。必要とあらばベテランスタッフによる資金繰りのアドバイスも。
アクセルファクター 対象 契約形態 スピード
アクセルファクター

法人
個人事業

2社間
3社間

最短即日
年間取引実績2000以上の確かな実績!最短即日対応で、手数料も低めの設定。来店不要で利用することができるのも大きなメリット。
ビートレーディング 対象 契約形態 スピード
ビートレーディング

法人
個人事業

2社間
3社間

最短翌日

トップクラスの実績。業界屈指の資金力のため買取金額に制限なし。
\ 事業者におススメ /

民間のファクタリング会社の審査が甘い理由

民間のファクタリング会社の審査は、銀行などの金融機関の審査に比べると甘いです。その理由は以下の通りです。

  • 赤字決算でも利用可能。
  • 税金滞納でも利用可能。
  • 信用情報が傷ついていても利用可能。
  • 審査項目が少ない
  • 必要提出書類が少ない
  • 担保や保証人が必要ない。

金融機関から融資を受けたことのある事業者であれば分かるかと思いますが、これらいずれか1つでも該当していれば金融機関の審査に通ることは難しいでしょう。

しかしファクタリングはこれらを重要視しません。

そもそもですが、審査を甘くしなければ誰もが金融機関のサービスを選んでしまいます。そのためファクタリング会社としては審査を甘くすることで、ニーズに応えているのです。

\ 事業者におススメ /

審査が甘いから誰でも利用できるわけではない

ファクタリングの審査が甘いからといって、誰でも利用することができるわけではありません。

以下の条件に必ず当てはまっている必要があります。

  • 事業者しか利用できない。
  • 売掛債権がなければ利用できない。
  • 提出書類を提出しなければ利用できない。

この3つの条件のうち、1つでも満たしていなければファクタリングを利用することはできません。

また審査が甘いからと言って審査がないわけではありません。必ず審査はあります。

参照 【審査なしでファクタリング!?】 審査なしが現実的ではないたった1つの理由

 

事業者しか利用できない

まずファクタリング全体でいえることですが、事業者しか利用することができません。

つまり法人でいえば「代表」であったり「代表取締役」といった会社のトップしか利用できません。

一般的なサラリーマンや派遣社員、アルバイトといった個人は利用することができません。

売掛債権がなければ利用できない

売掛債権を持っていなけば利用することができません。

ファクタリングとは「取引先からまだ入金されていない売掛金を早期に現金化するサービス」です。売掛金を受け取る権利である売掛債権をファクタリング会社に売却し、資金調達するということです。

つまり売却できる売掛債権がなければ利用することはできません。

そもそもファクタリング会社は貸金業者ではありません。そのため、お金を貸すという行為自体は行っていないですし行えないのです。

提出書類を提出しなければ利用できない

審査が甘いといえど、審査は行われます。その審査で必要となる書類の提出は必要となります。

審査をせずに売掛債権を購入するファクタリング会社は存在しません。

審査を受けるために2つ書類が必要となります。それが「売掛先への請求書」「直近数ヶ月分の通帳コピー」です。ファクタリング会社によっては他の書類の提出を求めてくるケースもあります。

これらの書類を提出し問題がなければ、ここから本格的な審査に入ります。つまり2つの書類はあくまでも審査を受けるためのスタートラインに立ったにすぎません。

ただしスタート地点に立った段階で、そのうちの約90%以上は審査に通るとされています。その後に提出する書類は、謄本や印鑑証明、決算書など、事業を行っている事業者であればだれでも用意できるものばかりです。

つまりスタートラインに立つために提出した2つの書類がかなり重要ということになるのです。

\ 事業者におススメ /

スピードに特化したため手数料が高くなる

民間のファクタリング会社の売りは、何といっても資金調達までの「スピード」です。

「今すぐに資金調達をしたい!」

という事業者のニーズに対してのサービスとなります。

そのため、早ければ審査は30分~1時間程度、入金はその日の内に行われることもあります。

これだけ早く資金調達できるのは、ファクタリングかビジネスローンくらいしかありません。ただしこの2つは「売却して資金調達する」「借金して資金調達をする」かと性質が大きく異なります。

スピードを売りにしている分、手数料が高く設定されています。それはファクタリング会社にとって審査スピードを速めるということはリスクにつながるためです。お金を提供する側のリスクが高ければ高いほど、手数料は高く設定されます。

銀行系のファクタリングの場合、スピードはそれほど速くはありません。その分審査をじっくり行うことができ、お金を提供する側のリスクを減らすことができます。結果的に手数料が民間よりも低く設定することができるのです。

万能な資金調達は存在しない

資金調達全般に言えることですが、万能なものは存在しません。

「利息や手数料が低い、もしくは必要なく、好きな金額を調達でき、返済する場合にはいつ返済しても問題ない。」

このような資金調達方法は存在しません。お金を提供する側である銀行やファクタリング会社にとって、まったくメリットがないためです。

たとえば利息や手数料を低く設定したとしましょう。すると審査は厳しくなりますし、担保や保証人が必要となります。

担保や保証人が不要としたとしましょう。すると審査は若干甘くなりますが、利息や手数料が少し高くなります。

銀行などの金融機関の利息は低く設定されています。しかし審査は厳しいです。審査に時間がかかるため、入金までの時間がかかります。

ファクタリング会社の手数料は高いです。しかし審査は緩いです。審査に時間をかけないため、入金までの時間も短いです。

\ 事業者におススメ /

民間のファクタリング会社の審査が甘い理由 そもそも比べるものではない

「民間のファクタリング会社の審査が甘い」という内容のお話をしてきました。

  • 赤字決算でも利用可能。
  • 税金滞納でも利用可能。
  • 信用情報が傷ついていても利用可能。

このような状態でも資金調達することができるからファクタリングの審査って甘いよね・・・・と思っている人もいるかもしれませんが、これは視点が異なっているのです。

つまり審査する項目が異なるのです。そのため厳しいか甘いかということを本来は比べることができないのです。

比べることはできないのですが、甘いと表現されているだけなのです。

価値のあるモノは売れる 持っていなければ利用できない

そもそもファクタリングは、持っている売掛債権を売却して資金調達することです。お金を借りるわけではありません。

まずこの時点で、お金を貸している融資と債権を購入するファクタリングを比べること自体がおかしいのです。比べることすらできないのです。

極端な例えをしてみようと思います。

借金を大量に抱えている人で、信用情報もブラックの人がいたとします。当然、借金の申し込みをしてもどこも貸してはくれません。なぜなら貸したお金が返ってこない可能性が十分にあるためです。

しかしこの人は、100億円の価値のあるダイヤモンドを持っていたとします。その価値は鑑定でも証明されています。
銀行ではこのダイヤモンドを買い取ってはくれません。扱っていないためです。

しかし宝石商に持っていけば買い取ってくれます。宝石商からしてみると、ダイヤモンドを売却しに来た人間が大量に借金をしているとか、信用情報がブラックであるとかは関係ありません。目の前の宝石が本物かどうか、どの程度の価値があるのかということが重要なのです。結果的にその人は、ダイヤモンドを売却し資金調達をすることができました。銀行ではお金を借りられなかったのにです。

今回でいうところのダイヤモンドが、売掛債権なのです。

審査の甘さは事業者によって異なる

審査が厳しいくなるのか、それとも甘くなるのかは、事業者の状況次第で変わってくるものです。一概に、銀行の審査が厳しく、ファクタリングの審査は甘いとは言い切れないのです。

あくまでも「ファクタリングの方が銀行と比べると審査は甘くなりやすい。事業者によるが・・・。」といったものなのです。

銀行からの融資 売掛債権の有無
可能 持っている 銀行、ファクタリングの審査は甘い。
可能 持っていない 銀行は甘い。ファクタリングは厳しい。
不可 持っている 銀行は厳しい。ファクタリングは甘い。
不可 持っていない 銀行、ファクタリングの審査は厳しい。

銀行から融資を受けられない人からしてみると、銀行の審査は厳しいと感じることでしょう。しかしその人は売掛債権を持っていたとします。ファクタリングを利用して売掛債権を売却でき資金調達できるため、ファクタリングの審査は甘いと感じることでしょう。

しかしこの人が売掛債権を持っていなかったとします。それにもかかわらず、ファクタリング会社に資金調達の依頼をしたとしましょう。当然利用を断られます。すると審査が厳しいと感じることでしょう。

このように、事業者の状況によってどの審査が厳しいのか甘いのかは異なってくるのです。

そもそも売掛債権を持っていない段階で、ファクタリングを利用することはできません。そのため厳しいとか甘いとかではないのです。

\ 事業者におススメ /

審査の甘いファクタリング会社ランキング 本当に信じてますか?

「審査の甘いファクタリング会社ランキング」といった感じで、紹介をしているサイトが沢山あります。

この情報、どこまで信用していますか?

そもそもですが、各ファクタリング会社は審査基準を公表していません。つまりどのような審査をしているか、どのような判断基準なのかというのは誰にもわかりませんし、比べようがないのです。

もし誰かが複数のファクタリング会社を利用した経験を持っているのであれば、利用したファクタリング会社の審査の難易度をランキングにすることはできると思います。

しかしですが、何度もファクタリングを利用している時点で、何度も資金ショートをしている可能性があります。つまり経営が上手くいっていないということです。つまり何度も資金ショートして経営を続けている事業者がサイトを作っていられるとは思えません。サイトを作る前に経営自体を何とかしたほうがよいと思います。

つまり結論を言いますと、「審査の甘いファクタリング会社ランキング」はそのサイト運営者の想像、感想で作成されたものである可能性が非常に高いのです。

ちなみに当サイトでは業界内で知名度の高いファクタリング会社をランキングとして紹介しています。

知名度が高いということは利用者がいるということです。利用者がいるということは審査がある程度柔軟であるということであり、お客がついているということです。

お客がついているということは他のファクタリング会社よりも利用する価値があると判断されているということであり、つまりは審査が緩い可能性が高いと推測できるわけです。