審査なしでファクタリングを利用する方法は、基本的にはありません。

基本的にはないのですが、可能性としてはないこともないのです。

あまり期待しないでこの先読み進めてもらいたいのですが、可能性としての話ではありますが、審査なしでファクタリングを利用することができるかもしれません。

あくまでも1つの意見として紹介したいと思います。

\ 事業者におススメ!/


審査なしでファクタリングを利用することは基本的には無理

審査なしでファクタリングを利用することは基本的には無理です。まずこれを前提とさせてください。

ファクタリングの審査は緩いとされています。緩いですが審査はあります。そして緩いというのは金融機関の審査と比べての話です。

ただしですが、ファクタリングと金融機関とでは審査内容が異なるため、一概にどちらが緩く、どちらが厳しいとは言えません。もしかしたら金融機関の審査の方が緩いと感じる事業者もいることでしょう。

ファクタリングは売掛債権を持っていなければ利用することができません。事業状況が悪化していない状況でそれでも資金調達したいと考えている、でも売掛債権を持っていないという事業者からしてみると、ファクタリングの審査は厳しいと考えるかもしれません。ただ、このような事業者であればファクタリング以外で資金調達をすることができると思いますが・・・。

ファクタリングの審査が緩いとされる理由

ファクタリングの審査が緩いとされる理由は、事業状況があまり影響をしない点が挙げられます。

たとえ赤字決済であっても、税金を滞納している状況であっても、資金ショートしている状況であったとしても、売掛債権を持ってさえいればファクタリングを利用することができます。

ちなみに、もしこのような状態で金融機関の審査を受けようと思ったとしても、ほぼ間違いなく断られてしまうことでしょう。なぜなら貸したお金を返してもらえない可能性があると判断されるためです。

このようなことからファクタリングは審査が緩いと表現されることがあるのです。

事業状況が悪化している状況でもファクタリング利用できる理由は、ファクタリングで重要視するのは売掛金を支払う事業者の取引先、つまり売掛先であるためです。売掛先がしっかりと売掛金を支払えるかどうかが分かれば、事業者がファクタリング会社に持ち込んだ売掛債権に価値が出てくるわけです。

逆に売掛先の経営状況が良くないと判断された場合には、どんなに事業者の事業が好調だったとしても売掛債権を購入してはくれません。

初めは必ず審査がある それ以降は審査なしになる可能性も

初めてファクタリング会社と取引を行うと警戒され審査は慎重に行われますが、回数を重ねていくと審査が緩くなる可能性があります。

基本的にファクタリングの利用をする際には審査はあるというお話をしていきました。その審査が厳しいか緩いかは別にしても、審査自体はあるのです。

しかしその審査がさらに緩く、もしくはほぼされなくなる可能性はあります。

ここからはあくまでも可能性の話をさせていただきます。

同じ取引先の債権を複数回ファクタリングした場合

同じ取引先と取引を定期的に続けており、毎回債権額が同じ金額である場合、ファクタリング会社の審査が緩くなる可能性は否定できません。

つまり事業者とファクタリング会社の間で信頼関係が出来上がった場合には、審査が緩くなる、もしくはほぼされなくなる可能性はあるのです。

具体的な例を挙げますと、A社とB社の間で取引を行い、A社がB社から売掛金をもらえる状況だったとします。

A社は売掛債権をすぐに現金化したいと考えており、ファクタリングを利用して資金調達したとしましょう。ファクタリング会社はそのときに、独自の審査方法を利用してB社の審査を行います。B社の審査を行うからといって、B社に連絡するということはありません。

結果としてA社とB社の間に発生した債権を購入することにしたとします。

その後、入金予定日に問題なくB社からA社に入金があり、A社は入ってきたお金をファクタリング会社に戻したとします。ここまでで一連のファクタリング契約が終了したとなります。

しばらくして、再度A社が債権を売却しようとファクタリング会社に連絡してきたとします。やはり売掛先はB社だったとしましょう。ファクタリング会社としてはすでに前回、B社のことを調べています。あまり間隔も空いていないためB社の事業状況は変わらないと思うのですが、それでも審査をするかと思います。そして問題のないことを確認できれば、再びA社から債権を購入することでしょう。

このようなやりとりが何度も続いたとします。

毎回A社は売掛債権を持ってきて、その売掛先がB社だったとします。それも短い間隔でです。毎回同じ取引相手であるため、そしてB社の経営状況は全く問題がないと今までも判断しているため、今回も同じ審査結果になることが予想されます。

そのため特に審査をせずに債権を購入する可能性があるのです。ただし先ほどもお話しした通り、あくまでも可能性の話であり、すべてのファクタリング会社にヒアリングをしたわけではないということを前提とさせていただきます。

何度も同じファクタリング会社と付き合う必要がある

この可能性を実現させるためには、何度も同じファクタリング会社を利用する必要があるでしょう。

それでなければ、このような関係は築けないことでしょう。

複数回ファクタリングを利用することで、ファクタリング会社との間で信頼関係を築き、信頼関係が築けたのちに、可能性としてですが審査なしでファクタリングを利用することができる可能性が生まれてくるのです。

審査なしで利用することができれば、さらにスピーディーに資金調達をすることが可能となります。

複数回の利用者は敬遠する傾向にある

一般的な商売であれば、何度も仕事を依頼してくれる取引先は良いお客さんとなるものです。

しかしこれはファクタリングの世界ではあまり好ましく思われないことがあります。

事業者がなぜファクタリングを利用したいと考えているのかにもよるということが前提となります。

事業状況が悪化しているわけではなく、債権はすぐに現金化し、手元資金を多く残しておきたいと考える事業者であれば問題がないかもしれません。

ところが資金ショートの状態でファクタリングで資金調達をして、しばらくは資金繰りが改善したとしても、またすぐに資金ショートしてファクタリングを利用する事業者の場合には、ファクタリング会社は警戒します。

ファクタリング会社としては「そう遠くないうちに倒産してしまう可能性がある。出したお金が戻ってこない可能性がある。」と考えるようになるわけです。

ファクタリングは手数料商売であるため、何度も取引をしていて手数料を得て利益を上げたたとしても、その後1回でもお金が戻ってこなければ、それまでの利益は無くなってしまうのです。なので1度の失敗がファクタリング会社の経営を圧迫してしまいかねないのです。

それほどリスクの高い商売であるため、リスクを避けようと考えます。

よって何度もファクタリングを利用する事業者は警戒されやすくなります。警戒された結果、数回だけ債権を購入して、その後は断ってしまうのです。これによりファクタリング会社としてはリスクを回避しているのです。

もちろん、経営状況が明らかに良い事業者とは何度でも付き合います。ただしそれも各ファクタリング会社の考え方にもよりますので、何度も付き合う場合もありますし、同じ事業者とは利用回数制限を設けているケースもあるかもしれません。

利用を断られてしまった経験がある場合

これまでにファクタリングを利用した経験があり、同じファクタリング会社に再度申し込みをしたのに今回は断られてしまった・・・という事業者は、ファクタリング会社から警戒されてしまった可能性があります。

警戒されたとしても他のファクタリング会社を利用すれば良いだけの話なのですが、他のファクタリング会社を利用しても何度目からの取引で断られてしまう可能性があります。再び他のファクタリング会社を探せば良いのかもしれませんが、このようなことを繰り返していくうちに、条件のよくないファクタリング会社を利用することになってしまうことでしょう。

ファクタリングの手数料は2社間であれば約10%〜30%が相場とされています。手数料の安いファクタリング会社から利用していけば、そのうち残るのは手数料の高いファクタリング会社となってしまうことでしょう。そして相場以上の手数料設定をしている会社に当たってしまうかもしれません。

どう考えてもジリ貧状態に陥ってしまいます。それはファクタリング会社側もわかっています。他のファクタリング会社を何度も利用してきたことは、もし隠したとしても提出書類を見ることである程度把握することができるのです。

「お金に困っている。高い手数料を提案しても断れない」

そう判断されてしまう可能性があるのです。さらに追い込まれてしまうことになります。

よって、そもそもファクタリングを何度も利用するということ自体を避けた方が良いでしょう。何度か利用している中で事業を立て直し、余裕ができたら利息の低い銀行からの融資を利用できるようになった方が良いと思います。

基本的にファクタリングに審査は絶対必要

ここまで審査なしでファクタリングを利用する方法をお話ししてきました。

文中で何度も触れていることですが、基本的には審査なしでファクタリングを利用することは非現実的であり、ほぼないことでしょう。ただしファクタリングを利用する際には事業者とファクタリング会社のスタッフの「人間対人間」となります。

そのため本来であれば必要となる作業を省くこともあるかもしれません。

ただし審査なしのメリットは正直あまりないと思います。審査をなしにしてもらいたい理由にもよるのですが、少しでも早く資金調達をしたいということであれば、ファクタリングの審査はそもそも1時間程度で終わるため、十分スピーディーだと思うのです。この1時間すらも待っていられないということであれば、その状況に陥ってしまった状況をまず改善するべきかと思います。

正直、資金ショートをしている状況で何度もファクタリングを利用してしまっていては、その先の経営状況は悪化の道を進んでしまうことは容易に想像できるためです。

\ 事業者におススメ!/