翌月や翌々月に振り込まれる予定の売掛金を、すぐに手に入れる方法として「ファクタリング」があります。

ファクタリングは、売掛金を受け取る権利である「売掛債権」を譲渡し資金調達する方法です。

数多く資金調達方法はありますが、その中でもトップクラスに調達スピードが速いのが魅力となっています。

\ 事業者におススメ!/

翌月・翌々月まで待つ必要がない

一般的に売掛金は、取引先の都合で振り込まれます。

請求書を出してから、翌月、もしくは翌々月に振り込まれることでしょう。

場合によっては、請求書を出してすぐに振込をしてくれる会社もあるかと思いますが、多くの場合、支払日が決められています。

つまり取引先の支払い日までは振り込まれない状態ということです。

事業資金に余裕があるのなら、売掛金の振込日まで待つこともできるかと思いますが、そうではない場合、なるべく早く入金してもらいたいというのが本音でしょう。

すぐに現金が必要なとき、ファクタリングを利用することで早ければ即日で資金調達が可能となるのです。

入金予定の売掛金を代わりにもらうイメージ

ファクタリングとは「入金予定の売掛金を、第三者から代わりに受け取る」といったものです。

これは非常に画期的なサービスであることは、資金調達を知っている人であればわかることでしょう。

取引先から入金予定のある売掛金があったとします。それはつまり「売掛金を受け取る権利を持っている」ということになります。

売掛金を受け取る権利のことを「売掛債権」といいます。よって売掛債権には、売掛金と同じ価値があるということになります。

「権利」というものは、譲渡したり売却したりすることができます。

そのため、ファクタリングを利用することで、売掛債権をファクタリング会社に譲渡(売却し)し、売却益を得ることになります。

よって形式上、「売掛金を早くに受け取れた」ということになるのです。

入金された売掛金はファクタリング会社へ入金

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡すれば、債権分の金額を受け取ることができます。

翌月、もしくは翌々月には取引先から売掛金が入金されることになります。売掛金が入金されたら、そのお金をファクタリング会社へ入金します。

これがファクタリングの一連の流れとなります。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングでの資金調達は借金ではない

ファクタリングでの資金調達は、借金には該当しません。

一切、お金を貸す行為を行っていないためです。

資金調達したい事業者は、自分の持っている価値のあるものをファクタリング会社へ渡しているだけです。

ファクタリング会社としては、事業者から渡された価値のあるものを、お金を出して引き取っているだけです。

そのため、数ある資金調達の中でも「借りない資金調達」といわれているのです。

借りないことは大きなメリット

借りない資金調達には大きなメリットがあります。

借金ではないメリット

  • 貸借対照表に借金の記載がされない
  • 信用情報に傷がつかない

お金を借りたことが一度でもある人であれば、これがどれだけ大きなメリットかわかるかと思います。

さらに「取引先に知られずに資金調達可能」というメリットもあります。

資金調達したということを取引先に知られれば、「事業資金が少ない状態=倒産してしまうかもしれない=取引するのは危険」と判断されてしまう可能性があります。

商売を行う上で取引先を失うのは大きな痛手です。その面から考えても、ファクタリングを利用して資金調達することは、有益な方法であるという見方もあるのです。