売掛金には時効がある 動くなら早めに

後払いファクタリングやツケ払い現金化という言葉が最近増えてきたように思えます。

調べてみたところ、給料ファクタリングが淘汰されていき、これらのサービスが増えてきたようなのです。お金がない状態でもお金を手にすることができるといった、一見凄そうなサービスに聞こえるのですが、その仕組みを知ると絶対に利用してはならないサービスであることに気づくと思います。

\ 事業者におススメ!/

ファクタリングは先払い 後払いは存在しない

まずファクタリングは「先払い」のサービスとなります。一方ツケ払いは「後払い」のサービスとなります。まずここが決定的に違います。

そしてお断りとして、大手の会社がサービスの一環として「ツケ払いサービス」を行なっています。ツケ払いサービスとは、商品をまず購入し、手元に届き、その後に商品代金を支払うといったものです。代表的なものとしてGMOペイメントサービスがZOZOTOWNに提供しているものがあります。

また一般社会においても、たとえば飲み屋で常連のお客さんが飲食代金を支払わず、後日まとめて支払うといったツケ払いが存在します。

いずれにせよ、受け取った商品や消費した商品に対してお金を支払っています。

\ 事業者におススメ!/

ツケ払い現金化の仕組み

「ツケ払い」と「ツケ払い現金化」は似ているようで異なります。

ツケ払いは先ほどお話しした通りなのですが、ツケ払い現金化とは、サービスを利用することでお金を手にすることができるといったものです。つまり資金調達をすることができてしまうのです。それも初めはお金を持っていなくても可能なのです。

これはどう考えてもおかしなサービスなのです。

金融庁が新手の闇金と見解を示したほどです。

参照 「今すぐ現金」「手軽に現金」にご注意ください!

 

買ったものを売る

ツケ払い現金化の仕組みとしては、仕組みは意外とシンプルです。

まずサービス会社から商品を10万円で購入します。しかしお金は支払いません。後で商品代金を支払うことにします。

しばらくすると商品が届きます。届いた商品を商品を購入した会社に6万円で売却します。すると商品を売却した会社から6万円が振り込まれます。

最後に、初めに商品を購入した金額である10万円をサービス会社に支払います。

ここまでが一連の流れとなります。

結局は、同じ人と同じサービス会社の間でのやり取りとなります。

そのため初めにサービス会社から商品を購入したときに、商品が届いていようといなかろうと構わないのです。そういった形にすれば良いということなのです。

結果的に商品購入者は一時ですが6万円を手にすることができました。しばらくして給料が入ってきたときに10万円をサービス会社に支払います。これにより4万円の利益をサービス会社は出すことができるというものです。

給料ファクタリングに似ているとは思いませんか?

給料ファクタリングが淘汰され、新たなサービスとして始まったそうなのです。私がこの仕組みを知ったときに「よく次から次へと考えるな」と少し感心してしまったほどです。しかしどう考えてもおかしな仕組みです。

ブラック・手元資金がなくても資金調達できるといった宣伝

基本的な仕組みとしては「買ったものを売る」といったものであるため、信用情報に傷がついてしまっている状態であるブラックの人でも利用することが可能となります。

またお金が手元になかったとしても、利用することが可能なのです。

\ 事業者におススメ!/

大きな金額を調達することはできない

ツケ払いは大きな金額を調達することが難しくなるかと思います。あくまでも私見ですが、よくても10万円前後になるのではと考えられます。

一般的な個人であれば、10万円を手に入れたいという場合に利用するのかもしれませんが、事業者が10万円資金調達したところであまり大きな助けにはならないことでしょう。

そのためツケ払い現金化といったサービスは、個人が急に物入りになったときに利用する程度のサービスであると考えられます。

但し繰り返しますが、どう考えてもおかしな資金調達方法であるため、絶対に利用しない方が良いと思いますし、そもそも仕組み的に貸金であり、貸金であるとすると金利で考えたとしても手数料で考えたとしても高すぎると考えられます。

\ 事業者におススメ!/

将来的に追い込まれていく

ツケ払い現金化は一見、裏技的な資金調達方法に思う人もいるかと思います。

しかしよく考えてほしいことがあります。それはお金を調達するということは、お金を提供する側がいるということです。

お金を提供する側というものは、一般的に関連する法律の中で行動を行います。たとえば貸金業法などです。もしツケ払い現金化のサービスを行なっている会社が貸金業の資格を持っているのであればまだ利用を検討することも考えられますが、ほぼ間違いなく持っていないことが推測されます。

そして結局形としては、6万円を手に入れるために10万円を支払うといったものとなっています。もちろん商品を購入する際には契約を行うことになるでしょう。そしていつまでに10万円を支払うのかを約束させられることになることでしょう。さらに、もし支払日が遅れてしまったら当然延滞金が必要となってくることでしょう。

繰り返しの利用が首を絞めていく

6万円を手に入れるために10万円の支払いを行うことを繰り返していったとすれば、近い将来にはどのようになるかは想像できるかと思います。

俗にいうジリ貧という状態となってしまうことでしょう。そのような状態となったとき、やはりお金は必要となってくることでしょう。

そのときにどのような行動を起こすでしょうか?再び同じようなサービスを利用するのでしょうか?それとも違法な金融商品に手を出してしまうでしょうか?それとも自分の生活を見直して立て直しをしていくのでしょうか?さらには行政のサービスの利用を検討するのでしょうか?

複数の進む道があるかと思います。ただ言えることは、法律外のサービスやおかしなシステムのサービスを利用すると、最終的にはよくないことになるということです。

簡単に稼げる方法はないことは誰もがわかっていることです。もしあるのなら誰もがその方法で稼いでいることでしょう。同じように簡単に資金調達する方法はなかなかありません。簡単に資金調達できるということは、その分大きなリスク、そしてデメリットが付いて回るということなのです。

\ 事業者におススメ!/

後払いファクタリングは存在しない

結論としてですが、後払いファクタリングは存在しないと考えます。

ツケ払い現金化というのが後払いファクタリングに仕組みににていると表現されることがありますが、実際には仕組みは異なるものです。またその仕組みを理解すればするほど、利用してはまずいサービスであることもわかるかと思います。

簡単にお金を手に入れる方法はなかなかありません。利用したいと考えても、他の方法を検討した方が良いと思います。結果的に苦しい将来が待ち受けていると考えられるためです。