自衛隊員の利用が増えている!?自衛隊に広まるファクタリング事情 


ファクタリングに携わる人に話を聞くと、自衛隊に属する人からの問い合わせが多くなってきているらしいのです。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


もちろん、自衛隊員は事業者ではないためファクタリングを利用することはできないのですが、どうやら目的は給料ファクタリングのようです。

※当サイトでは給料ファクタリングの利用はおススメしていません。

参照 給与ファクタリングの利用はおススメできない

 

勝手なイメージなのですが、自衛隊というと数ある公務員の中でも比較的給与額には恵まれていると思っていました。それなのになぜファクタリングの利用希望者が多いのか。

今回は、ファクタリング、自衛隊に携わる人に話を聞いた+私の個人的な意見から、推測していきたいと思います。

決して悪くはない給与額

簡単にですが調べてみた結果、自衛隊の給与は公務員ということだけあって、決して悪い数字ではありませんでした。

さらにさまざまな手当てが付くことから、比較的恵まれた給料をもらっている方だと思います。

何よりも魅力なのは安定しているということでしょう。

参照 防衛省の職員の給与等に関する法律等の一部を改正する法律案(外部サイト)

 

比較的恵まれた給与をもらいながら、ファクタリングに頼るのはなぜでしょうか。

某自衛官の話

過去に自衛隊に勤めている人に話を聞いたことがあります。

「自衛隊員は比較的お金をもらっている方だと思う。とくにいろいろな手当てが付くから、基本給が安く見えても実際には結構もらっている。

たとえば海上自衛隊。しばらく船に乗っていたりすると、お金を使うことがない。そのため気づくとまとまったお金になっていることもある。

その結果、中にはギャンブルにはまったり散財してしまう人がいる。

一度そういった道を選んでしまうと、その生活水準をなかなか下げられないようで、借金をしてしまう人間も中にはいる。

借金をしていることが職場に分かってしまうと、職場でお金の管理をされたり、将来への影響もあるという話もある。」

このような内容でした。

結構前の話で正確には覚えていないのですが、話を聞いたときの印象としては「借金をして職場にバレてしまうと結構面倒なことになる」というものでした。

借金はしやすいが経験上バレやすい

まず自衛隊は公務員ですので、他の職業に比べても借金をしやすいのは事実としてあります。

ただし借金をすると、借金をしたという履歴が残ってしまいます。

さらに借金をする際には、お金を貸す側としては職場に対し本人確認の連絡を入れることが多いです。その際、社名を名乗ってしまうと「この隊員、借金しているな」と分かってしまいます。

よって社名を名乗らず、たとえば個人名で本人確認をするケースもあるようです。

ただし自衛隊側としても、数多くの隊員がこれまでに借金をしてきていますので、突然個人名で連絡があった場合、かなりの確率で疑うらしく、それによって借金をしていることが判明するケースもあるようです。

都合がよい!?ファクタリング

ファクタリングの場合、そもそも借金ではないため借金の履歴が残りません。

電話確認ですが、ここは私の推測ですがしていないファクタリング会社もあるのかもしれません。

つまり資金調達を行なう側の人間に対して都合の悪くなるような行為は、初めの段階ではしていない可能性があります。

このようなことからも、自衛隊員にとって、一般的な借金をするよりも、ファクタリングの方が都合がよいと考えるのかもしれません。

給与ファクタリングは利用しない方がよい

何度も言いますが当サイトでは給与ファクタリングはおススメしていません。

その理由は当サイトの内でも何度もお話ししてきたので割愛しますが、可能性として考えられる恐ろしい結果は「利用した業者が悪徳である場合」です。

たとえばお金をファクタリング会社に送金しなければいけない日に、送金できなかったとします。契約形態にもよるかもしれませんが、職場への連絡する可能性は十分考えられます。

ファクタリング会社にとって利益を上げることは重要です。戻ってこないお金はそのままマイナスになってしまいます。マイナスになって黙っているわけはありません。

対象となる自衛隊員がどうなろうと関係ありません。職場に借金の事実がバレてしまっては、今後仕事に影響してしまうと言われていたとしても関係ありません。

極論、その自衛隊員の人生がどうなろうとも、会社にお金が戻ってくる方が大切なのです。

2020年1月現在は、かなり給与ファクタリングを扱う業者が増えてきました。そして利用しやすくなりました。だからと言って、ファクタリングを利用しすぎるのはどう考えても良い結果を招きません。

これは一般的なBtoBのファクタリングでも同じことが言えます。

なので、せっかく安定した自衛隊で働いているのであれば、お金が足りなくなってしまったとしてもファクタリングを利用することは避けた方が良いと思います。

カテゴリー

目次