ファクタリングは返済しなくてよい資金調達方法?誤った解釈を広げてしまう可能性あり


あるサイトに以下のような記事がありました。

\ 事業者限定!選ぶならこの3社 /


「返済しなくてよい 事業資金の調達方法」という感じのタイトルが付けられ、ファクタリングのことが紹介されていたのです。

※タイトルは若干変更してあります。

ユーザーがタイトルだけ見ると「え?返済しなくても良い資金調達方法があるの?」という気持ちになります。そして読み進めていくとファクタリングが説明されていれば「え?ファクタリングという資金調達方法は返済しなくても良いの?」という考えに結びつきやすくなってしまいます。これによりファクタリングの解釈が誤って広まってしまう可能性があるのです。

そもそもファクタリングに返済という概念はない

確かにファクタリングで資金調達したら、返済する必要がありません。というよりも「返済という概念がありません」。ということで返済したくても返済できないのです。借金ではないためです。

そのため、このタイトルが間違っている・・・と言いたいところですが、100%間違っているとは言い難いのです。

ただ勘違いをしてしまう人がいるのは確かだと思います。

「返済しなくても良い」というのは「お金がもらえる」ということではありません。

そんなことをしていたらファクタリング会社は潰れてしまいます。それにお金をタダで配っているサービスは世の中にありません。赤の他人のために自分のお金をタダであげる人は普通いませんよね。

ファクタリングは自社で保有している売掛債権をファクタリング会社に売却し、資金を調達する方法です。

売掛先より売掛金が入ってきたら、それをそのまま送金する必要があります。この部分が勘違いされやすいのですが、「送金」してのです。「返済しているわけではありません。」

つまりお金はもらってはいないのです。

「同じことじゃないか」

と思う人もいるかとは思います。行為は同じだったとしても意味合いが違うのです。

参照 ファクタリングの仕組み

 

このようにファクタリングはお金をもらえるということではないため、勘違いをしないようにしましょう。

「返済」という言葉を使うサイトが多い

インターネットでファクタリングのことを調べていると、「返済」という言葉を利用しているサイトがあります。

上記した通りファクタリングは借金をすることではありません。借金ではないため「返済」という言葉を使うのは不適切です。

確かにこの言葉を使った方がイメージが付きやすいのは確かなのですが、誤った使い方だと思います。

「返済とは」で調べてみた

「返済とは」とインターネットで調べてみました。

借りた金や物を相手に返すこと。

このようにあります。

ファクタリングは「売掛債権を売却してお金を得ること」です。お金を借りているわけではありません。持っているモノを売っているだけなのです。借りていません。

例えて言うなら「質屋」みたいなものです。質屋さんに行って「お金を貸して」と言っても貸してくれませんよね?ファクタリングも同じことなのです。

このようなこともあり「返済」という表現は適切ではないのです。

しっかりとしたサイトは確かな表現を使用している

ファクタリングについてしっかりと作りこまれているサイトでは、ファクタリングに関して「返済」という表現を利用せず、以下のような表現をしています。

  • 売掛金を送金
  • 売上金の支払い
  • 売上金の引き渡し
  • 後日支払う費用を返済として説明
  • 既に譲渡した売掛金の支払い

これらの言葉は全て同じ行為を指しています。

「返済」という表現を利用したほうが、ユーザーにとっては理解しやすいかと思うのですが、それでも敢えてこれらの表現方法にしているのです。それは何度も言う通り、ファクタリングが貸金業ではないためです。

「返済」という言葉を多用しているサイトって?

ファクタリングに関する情報が書かれているサイトで、「返済」という言葉を利用している、もしくは多用している場合には注意が必要です。

それは「ファクタリングのことを理解していないのに、ファクタリングに関する情報サイトを作っているため」です。

つまり書かれている情報がどこまで本当か分からないのです。

当サイトとしても、利用するユーザーには確かな情報を伝えたいと考えています。そのため、誤った情報があると判明したときには、すぐに修正をさせていただきます。また、金融や法律に携わる人間の助言も受けるようにしています。

まとめ

まとめとして、ファクタリングにおいて「返済をする」ということはありません。借金ではなく返済という考え方がないためです。

そして返済という言葉を使用しているサイトがネット上にはたくさんあります。ファクタリングの知識がそれほどない状態でサイトを運営している可能性があります。そのため、ネットで情報を集める際には参考程度にした方がよいでしょう。実際にファクタリングを利用するということであれば、まず問い合わせをしてファクタリングの仕組みを説明してもらうとよいと思います。

カテゴリー

目次