直接会おうとしない 顔を合わせることを拒否する業者は注意が必要

ファクタリングの審査は緩いとされています。しかしこれを誤って解釈している人がいるようです。

審査が緩いため誰でも資金調達できると思っているのです。さらには事業者ではなく一般的な個人でも資金調達できると勘違いしている人がいます。つまり借金ができると思っているようなのです。

結論から言いますと、ファクタリングの審査は緩いです。他の金融サービスに比べるとの話です。

しかしそもそもの話ですが、他の金融機関の審査とは違ったものを審査します。そのため比較すること自体ができないのです。

また審査自体は緩いです。ただし審査を受けるためには条件が必要であり、その条件を満たしていれさえすれば審査も比較的簡単に通過することができます。その条件とは「事業者であること」と「未回収の売掛債権を持っていること」です。つまり借金をするわけではありません。事業者の持つ未回収の売掛債権を購入するのがファクタリングです。

\ 事業者におススメ /

最低限の条件を満たしていない だからファクタリングを利用できない

条件を満たさなければファクタリングを利用することはできません。

まず金融機関の審査は厳しいです。「貸したものは利子を付けて必ず返してもらう」という姿勢で臨んでいるためです。当然の話ですよね。そのため「この人は返済できないかもしれない」と思ったら融資しませんし、「この人であれば返済できそう」と判断すれば融資してくれます。また「もしかしたら回収できないかも。保険が欲しい」ということで担保や保証人を確保します。いずれにしても、何が何でも回収できる体制を整えた上で融資は実行されます。

当然の行為と言えば当然の行為です。金融機関も商売です。マイナスになるようなことはしません。

同じようにファクタリングもマイナスになる行為を進んですることはありません。そのため利益になりそうと審査の段階で判断できれば、売掛債権を購入します。

ちなみにですが、審査は必ずあります。審査が緩いと審査がないとは大違いです。

参照 審査なしでファクタリングを利用する方法 基本的には審査あり

 

審査方法がそもそも違う

そしてそもそもなのですが、金融機関の審査とファクタリングの審査は審査基準が異なります。そのため、人によってはファクタリングの審査が厳しいと判断する人もいるでしょう。

ただ全体的にみると、金融機関の審査の方が厳しいというだけです。

さてタイトルにもある通り、審査が緩いとされるファクタリングですが、その審査にさえ到達しないケースが多々あります。つまり審査にかける条件すら整っていない事業者からの申し込みが多いのです。これはファクタリングを融資と勘違いをしている人が数多くいることも原因と考えられます。

参照 ファクタリングの審査は厳しい!?審査をしてもらえない理由と解決策

 

少し表現方法を変えてみる

少し表現方法を変えてみます。

たとえば金融機関で融資を受ける際に、一般的には担保や保証人が必要となることがほとんどでしょう。それらが無いと融資が得られません。それが最低条件です。

そこに担保も保証人も用意できない人が、融資を希望した場合どうなるでしょうか?

当然断られます。

ファクタリングの場合も同じです。

ファクタリングには担保も保証人も必要ありません。しかし売掛債権は必要です。これは最低条件です。

最低条件を持ち合わせていない状況で、ファクタリングを利用することができるでしょうか?できませんよね。当然断られます。

この最低条件を持ち合わせていない人が、数多くファクタリング会社に問い合わせをしているのです。そのため審査にもたどり着いていないのです。

ただしですが、最低条件を整えてさえいれば、かなりの高確率でファクタリングの審査に通ることができることでしょう。その意味で言うと、金融機関の審査よりも緩いと表現されるのです。

参照 ファクタリングとは?を図解で説明

 

\ 事業者におススメ /

ファクタリングは融資でも借金でもない

当サイト内でも何度もお伝えしていますが、ファクタリングは融資ではありません。つまり借金ではありません。事業者の持ち物を買い取っているのです。

つまり事業者が売るものを持っていなければ、利用することができません。この「売るもの」というのが「売掛債権」です。「売掛債権専門の買い取り業者」というわけです。

そのため、売掛債権を持っていないのにファクタリング会社に問い合わせをしても、ファクタリング会社としても何もできません。ただ「お金が必要だ。貸してほしい。」とお願いしても、貸金業者ではないため対応できないのです。

 

取引先に商品を提供した事業者

お金を貸してもらいたいのだが・・・。

ファクタリングの利用をおススメファクタリング会社

申し訳ありませんが、お金を貸す行為はファクタリング会社では行っていません。売掛債権を買う行為のみです。

 

万が一の話ですが、そこでお金を貸してしまったとします。すると「貸金業法違反」となってしまいます。通常のファクタリング業務を行なえなくなってしまいます。そんな危ない橋を好き好んでわたる業者はいません。

はじめから貸金を目的としているのであれば話は別ですが・・・。(※ファクタリングを装って貸金を行なう業者も存在するようなのでご注意ください。利用は絶対におススメできません。)

\ 事業者におススメ /

審査を受ける条件を持たない事業者が多い

ファクタリング会社には数多くの問い合わせが来ますが、売掛債権を持っていない人からの問い合わせがかなり多いとのことです。当然審査することはできません。

 

事業資金がどうしても必要事業者

事業資金が必要なんだ。何とかしてくれないか?

債権を持っているかファクタリング会社

では売掛債権はお持ちでしょうか?

お金が必要事業者

いや持っていない。単純にお金が欲しいだけなんだ。

お金を貸していないファクタリング会社

申し訳ありませんがそれは無理です。お金を貸すことは行っていません。銀行融資やビジネスローンを活用してください。

 

給料債権は対象外

次に多いのは給与ファクタリングの問い合わせだそうです。

当サイトでは給与ファクタリングに反対の立場でいます。それはファクタリング業界が反対の立場でいるためです。とはいえ、一般消費者からしてみたら、資金調達できると思えば給与ファクタリングだろうと何だろうと、いかなる手段をもってしても資金調達したいと考えるようです。

給与ファクタリングも扱っているファクタリング会社はほとんどないため、問い合わせが来てもお断りをするしかありません。つまり審査をすることがないのです。

あるファクタリング会社の話ですが、全体的な問い合わせの7割~9割が、そもそも審査することができない問い合わせだそうです。

逆に、審査ができる問い合わせの場合、かなりの高確率で契約まで至るということです。

このこともあり、審査は確かに緩いです。ただし条件を満たしていればの話です。そして条件を満たしていない問い合わせがあまりにも多いということです。条件を満たしていないのに「ファクタリングの審査って厳しい」と判断する人もいるようですが、それは審査すらされていないだけです。厳しいわけではありません。