ファクタリング会社における個人情報の取り扱い 個人情報が漏れてしまう可能性も


ファクタリング会社における個人情報の取り扱い 個人情報が漏れてしまう可能性も

ここ数年で特に個人情報の取扱いについて、世間的にも厳しくなってきたと思います。そんな中、検索エンジン大手のグーグルが個人情報漏洩のリスクを減らすための「サイトSSL化」を推奨してきました。

その結果、最近では多くのサイトがSSLに対応しています。個人情報を取り扱うファクタリング会社は率先して導入すべき技術です。

\ 事業者におススメ!/


サイトをSSL化することはセキュリティ向上目的

サイトをSSL化することはセキュリティ向上目的

上の画像を見てください。「この接続は保護されています」と表示されています。これが「SSL化している」ということになります。

SSLについてよくわからない方もいるかもしれませんが、「Secure Sockets Layer」のことであり、「インターネット上での情報を暗号化する技術」ということになります。早い話、グーグルがサイトのSSL化を推奨するようになりました。それだけ重要であるということです。

今までは「http://~」となっていたURLを「https://~」というように変更することです。作業にかかる時間としては1時間前後(そのほとんどは設定の待ち時間)であり、よほど大きなサイトでない限り、それほど時間をかけずともSSLに対応させることはできます。

外部サイト 常時SSL化で押さえておきたいメリットとデメリット

 

かなり多くのファクタリング会社のサイトはSSL未対応

実はこのSSL化ですが、かなり多くのファクタリング会社は未対応の状態です。

ファクタリング会社のサイトには問い合わせフォームが設置されています。そこに売掛金や売掛先、事業者の情報を入力してもらい送信してもらうことでファクタリング契約を結ぶきっかけとなるわけです。

つまり問い合わせフォームには個人事業を入力することになります。SSL化していない問い合わせフォームから問い合わせを行なうことは、個人情報を危機にさらすのと同じ行為です。それにもかかわらず、いまだにSSLに対応していないファクタリング会社があるのです。

なぜSSLに未対応なのか?

その理由は以下の通りでしょう。

  • 単純に知らない
  • 重要視していない
  • サイト制作会社はわざわざ言わない

ファクタリング会社に限りませんが、サイトを制作会社に作ってもらったらそれで終わり!という会社は少なくありません。サイトさえ持っていれば誰かが見てくれるから大丈夫という考えのようです。

そのためあまりサイト自体に興味もありません。つまりその世界のことにも興味がありません。ということで当然SSL化させることが大事ということも知りません。

またサイトを制作した会社も、以前のお客さんに対してSSL化のために連絡を取ることはあまりないかと思います。正直大した金額にならないためです。

もし情報が派手に漏れたら対策するかもしれませんが、実際に起こっているわけではないため、放置しているというケースもあるでしょう。

日本人は病気になってから対策を行なう。欧米人は病気にならないように対策を行なう。このような話を聞いたことがあるのですが、もしかしたらこれに当てはまるのかもしれません。

SSL化するための費用は?

SSL化するためには無料・有料どちらのケースもあります。では無料と有料、どちらがセキュリティ面で優れているのか?ということですが、どうやらあまり変わらないようです。有料バージョンを導入するためには認証局という所で認証してもらう必要があるようです。認証してもらうと、それだけサイトの所有者は信頼があるよということを通知できるということらしいのですが・・・。

正直無料でよいと思います。

SSL化していない問い合わせフォームの利用は避けたい

このようなこともあり、SSL化していない問い合わせフォームの利用は避けた方がよいでしょう。ファクタリングの場合はとくにです。

ファクタリング利用者の90%以上が「2社間ファクタリング」を利用するとされています。これは売掛先にファクタリングを利用したことを知られないようにする契約形態です。

もしSSL化していない問い合わせフォームを利用したことで情報が漏れてしまったとしたら。それこそ大問題になりかねません。

サイトを利用して集客しているファクタリング会社は、サイト運営の最低限の知識を付ける必要があります。個人情報を取り扱うわけですから。もし自社での運用が難しいというのであれば、外部の専門家に依頼するべきでしょう。

現在でもSSLに対応していないファクタリング会社は、早急な対応をおススメします。これはお客さんのためでもあり、ファクタリング会社のためでもあるのです。

\ 事業者におススメ!/


この記事を書いた人

株式会社 デキタ

2004年からサイト制作をはじめ、2015年に株式会社デキタを法人化。WEBマーケティング、WEBコンサルティングの事業を展開中。事業を行う上で必要となる資金調達の知識を独自に調査しながら当サイトを作成。

カテゴリー

目次